小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昭和と平成にタイムスリップ!あの日、あの時、あの場所を語り出す貯金箱「Bankman」

2019.05.25

カワユくて楽しい「昭和Bankman」「平成Bankman」を試してみた!

 今回試用させていただいた、「昭和Bankman」「平成Bankman」です。レトロな雰囲気が期待をそそりますね。

 それぞれ開封してみました。さっそく、500円玉を貯金してみると、なんと! しゃべり出しました!

仕様は以下の通りです。

■商品名:
『タイムスリップ貯金箱 昭和バンクマン/平成バンクマン』
■希望小売価格: 各6980円(税抜き)
■発売日: 2019年4月25日(木)
■パッケージサイズ: W160mm×H130mm×D130mm
■重さ: 約470g
■電池: 単3形アルカリ乾電池3本使用
■内容: 本体1個
■対象年齢: 15歳以上
■取扱い場所:全国の雑貨店、量販店、玩具専門店などの玩具売場ほか
■商品ホームページ:www.takaratomy-arts.co.jp/specials/timeslip_bankman/
■権利表記:昭和バンクマン: ©TOKYO TOWER 平成バンクマン: ©TOKYO-SKYTREE

実際に試用して見た動画がコチラ!

昭和と平成の時代にプレイバック!タイムスリップして懐かしかったあの時を語り出す貯金箱「昭和Bankman」「平成Bankman」

 昭和と平成の時代にプレイバック!タイムスリップして懐かしかったあの時を語り出す貯金箱「昭和Bankman」「平成Bankman」。

 次期「令和バージョン」もこれから楽しみです!!

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、またはWikipedia、Weblio辞書からの引用など
※本記事は、あくまでも筆者の微かで不正確な記憶と主観に基づき、独断と偏見で飛躍した説明足らずで知識不足の実にテキトーな表現による中身のない誰にでも書ける単なる下らない多少話を盛った紹介風の「エッセイ」であり、特定メーカーや機種、人物、趣味・嗜好・その他いろいろを貶める意図はまったく御座いません。また筆者および編集部はそのサービスの内容や継続性等を保障するものでは御座いません。
※本記事の試用レポートはあくまでも参考となります。実際使われた際に結果が異なる場合もあります。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。