人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.25

昭和と平成にタイムスリップ!あの日、あの時、あの場所を語り出す貯金箱「Bankman」

昭和と平成の、あの日あの時あの場所をしゃべり出す、驚きの貯金箱

筆者がまだ幼少の頃の「昭和」と「平成」時代。

実際には、筆者はすでに平成には成人していましたが、それはそれ、これはこれ。現代のように、子供たちがスマホや携帯ゲームを、一日中暇つぶし道具として遊び、しまいには依存症になって家庭崩壊することもなかった、古き良き時代。人びとの娯楽は、専ら、「テレビ」や「ラジオ」の視聴やまんがに限られていました。異論は認めます。

 昭和と平成の時代には、実にいろいろなことがありました。テレビはアナログ放送からデジタル放送に変わり、東京タワーのかわりに、東京スカイツリーが建築されたのは、記憶に新しいところです。

 また、オンライン決済やZOZOTOWNでツケ払いなんかほぼできなかったこの時代。ローンや分割払いに頼ることなく、貯金箱にお金を貯めて、欲しいものが買えるまでじっとガマンする、何てことは、今よりも一般的に行われていました。なにせ、現金がないと、ほぼ何もできなかったから、物理的にお金を貯めるしか、なかったのです。ある意味、貯金も娯楽の一つだったのかもしれません。んなアホな。

 そんな即金、拝金主義の現代でありますが、貯金をするたびに昔を懐かしがれるような貯金箱は、これまであまり存在しませんでした。

 面白ガジェット全盛のこの時代、懐かしいあの古き良き時代を、いつでもどこでも誰でも懐かしみながらお金を貯められる商品は、もはやこの世に存在しないのでしょうか・・・。

 と、思ってインターネットで検索をしていたら、懐かしい思い出を語ってくれる、驚きのハイテク貯金箱を、このたび見つけてしまいました!

 昭和と平成の時代にプレイバック! タイムスリップして懐かしかったあの時を語り出す貯金箱「昭和Bankman」「平成Bankman」が発売されています!

タカラトミーアーツ/タイムスリップ貯金箱/昭和Bankman 平成bankman

「令和の貯金はお任せください!」タイムスリップ貯金箱 昭和バンクマン/平成バンクマン

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。