人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.11

60%薄く、40%軽くなったマイクロソフトの50インチ大画面デバイス「Surface Hub」の最新モデル「2S」

マイクロソフトは、認定 Surface Hub リセラー等を通じて、「Surface Hub 2S」の予約受付を開始。9 月より出荷を開始する。

時間と場所に捉われない新しいワークスタイルが広がりを見せる中で、オフィスで働く従業員の生産性・創造性の実現に加えて、社外で働くリモートワーカーが、いつどこにいても、オフィス内で働いているのと同等の生産性や創造性、他のメンバーとのコラボレーションを発揮できる環境を整えることが、企業のデジタルトランスフォーメーションや働き方改革を推進するうえで重要になっている。

Surface Hub 2S は、ビジネスを推進する個々のチームが生産性、創造性をより発揮できるよう開発された大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」の最新製品。

前モデルと比較して、60% 薄く、40% 軽量となり、15.5㎜ の薄型ベゼルによる高いデザイン性を実現したほか、ディスプレイには鮮やかな 4K+(3840 x 2560)50 インチマルチタッチディスプレイを採用。

人の声を忠実に再現するよう設計されたスピーカーや、4K の高解像度のカメラ、ノイズキャンセリング機能を搭載したマイクロフォン機能などを搭載していることから、社外で働くリモートワーカーは、まるですぐそこに会議室のメンバーがいるかのような臨場感で、PC などのデバイスから会議に参加できる。

また、スタンドやモバイルバッテリーなどのアクセサリと組み合わせて利用することで、会議中に場所を移動することになっても、電源を落とすことなく Surface Hub 2S を移動し、ディスカッションを継続。

付属する Surface Hub 2 ペンは、感度が高くスムーズな書き味を実現するとともに、他の Surface 製品と互換性があるため、デバイスの垣根を超えてブレインストーミングやアイディアをディスカッションすることもできる。

Surface Hub 2S は、Office 365 や、複数人で同時書き込みができるデジタルホワイトボードアプリである Microsoft Whiteboard、Microsoft Teams のグループチャットなどを自然に使えるよう設計されていることから、オンラインミーティングの環境では難しかった、ホワイトボードを使う議論をこれまでになくスムーズに進めることが可能だ。

ホワイトボードやミーティングでのやり取りはクラウドに保存され、議事録を作成することなく議論の振り返りができ、アクションを確実に実行していくことができる。

また、マイクロソフトでは、Surface Hub 2S の発表と合わせて、Surface Hub 2 カメラ、Surface Hub 2 ペン、Surface Hub 2S 向けアクセサリ製品(他社製オプション)などを発売。

Surface Hub 2S の発表と合わせて、Surface Hub 2S 専用にデザインされたオプション製品が、日本スチールケース株式会社とシュナイダーエレクトリック株式会社から販売。これらのオプション製品の詳細は今後各社から案内されるという。

Steelcase Roam モバイルスタンド: Surface Hub 2S 専用にデザインされたスタンド。大きな 4 輪のローラーによりスムーズに移動。設置場所に固定されることなく、Surface Hub 2S の持つポテンシャルをフル活用できる。

APC Charge モバイルバッテリー: Steelcase Roamモバイルスタンドに搭載することで、会議中に場所を移動することになっても、電源を落とすことなく、会議室からフリースペース、ハドルルーム (少人数向け会議室) などへ自在に移動できる。

Steelcase Roamウォールマウント:Surface Hub 2S 専用にデザインされた壁掛けマウント。本体を壁掛けすることで、デザイン性の高いオフィス空間においてもスッキリと美しい配置を可能とする。

関連情報:https://www.microsoft.com/ja-jp

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。