人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マイクロソフトが開発者向けイベント「Build 2019」で発表したクリエイター向けの新しい開発ツールとは?

2019.05.10

マイクロソフトは開発者向け年次イベント Microsoft Build 2019 にて、あらゆる開発者に向けたインテリジェントで生産性が高いソリューション構築のための新テクノロジーを発表した。

また、Starbucks、J.P. Morgan、Kroger、Spatial、Epic Games といったマイクロソフトのユーザーとパートナーが、インテリジェントで顧客中心型の体験を提供する新規ソリューションを紹介した。

今回の発表には、アプリとウェブにおける新たなコラボレーションとプロダクティビティのサービス、そして、常に変化する仕事の特性に対応するためのMicrosoft 365 の AI 機能が含まれる。

さらに、マイクロソフトは、Azure とWindows 向けにオープンソースのテクノロジと開発ツールを提供。マイクロソフトの信頼性と拡張性に優れたプラットフォームは、インフラストラクチャ、データ、AI、Mixed Reality (複合現実)、プロダクティビティ、コラボレーションの分野にわたって、世界中の開発者とテクノロジを結び付け、企業や個人のための革新的な体験構築を支援。

マイクロソフト CEO サティア ナデラ (Satya Nadella)氏 は基調講演において、Microsoft Azure、Microsoft Dynamics 365、Power Platform、Microsoft 365、そして、Microsoft Gaming に関するマイクロソフトのビジョンと開発者の機会についてこう紹介した。

「コンピューティングが私たちの生活のあらゆる局面に入り込むにつれ、開発者の選択が世界に与える影響が大きくなっています。マイクロソフトは、あらゆる人にとっての機会を作り出す驚異的体験の構築のために、モダンなテクノロジスタックのあらゆる階層にわたって、信頼できるツールとプラットフォームを開発者に提供することにコミットしています。」

今回、Microsoft Graph データ接続の一般提供開始により、Microsoft Graph を活用する開発者にとっての新たな機会が提供された。

Microsoft Graph データ接続は、Azure Data Factory を活用してMicrosoft Graph のプロダクティビティデータと自社独自のビジネスデータを安全かつ大規模に組み合わせる。

これにより、ユーザーが求める大規模データにより得られる洞察に基づいた新世代アプリケーションと、IT 管理者にとっての大量の組織関連データの移動と管理に伴う課題の適切なバランスを取ることができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。