人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ここでしか味わえない宿泊体験が楽しめる!開業ラッシュが続く日本のホテル最新トレンド

2019.06.08

ニューホテル

 

 東京五輪に向け、ホテルの開業ラッシュが続く日本列島。ホテル業界の最新事情に詳しい岩本大輝さんは、〝ここでしか味わえない宿泊体験〟など特化型のホテルが増えていると語る。

「最近になって少しずつ明確なコンセプトを持ったホテルが増えています。これはホテルの供給が急増する中、個性を出すことでホテルが立地と価格以外で選ばれたいと考えているからです」(岩本さん)

『ザ・サウザンド キョウト』のようなアートと融合したラグジュアリーホテルや、『HAMACHO HOTEL』のように街を巻き込み地域全体のイノベーションを試みるホテルが多いのも最近の傾向。年間約260日はホテルに泊まる、評論家の瀧澤信秋さんは、宿泊客の嗜好の多様化も背景にあると話す。

「デザインやコンセプトを極めれば、その感性に合う顧客がリピートしてくれます。私の場合は、ホテルは休み、落ち着くところという軸足がぶれないことが重要。ホテルはストレスフリーなところであってほしい。安眠重視の最新マットレスの導入、日照を計算したエアコンの調整、スリッパの厚さまで快適性を追求するのは、最新ホテルでは〝当たり前〟になっている。その点において、日本のホテルサービスは洗練されていると感じます」(瀧澤さん)

 加えて、スタッフの質も重要だ。

「運営会社で選ぶこともありますよ。例えば『ふふ 河口湖』はサービスに定評があるKPG HOTEL&RESORTのホテルです」(瀧澤さん)

 自分に合うホテル選びから、次の旅先を決めてみてはいかがだろう。

瀧澤信秋さんホテル評論家・瀧澤信秋さん
高級ホテルから簡易宿所まで利用者目線の取材を徹底。『マツコの知らない世界』ほか出演番組多数。近著に『辛口評論家、星野リゾートに泊まってみた』など。

岩本大輝さん『HOTERES』マネージングディレクター・岩本大輝さん
『週刊ホテルレストラン』編集長を経て現職に。国内外のホテルで、人事マネージメントや経営にまつわるセミナーやコンサルなども行ない、業界の内側からの観察眼も光る。

取材・文/前川亜紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。