人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

理想の相手と出会える確率は?トラブルの事例は?失敗しない結婚相談所の選び方

2019.05.11

「一生を共にする運命の人を見つけて結婚したい!」そんな思いで、婚活に励んでいる方も多いのではないでしょうか。昨今では、婚活の方法は多種多様。その中でも定番といえば「結婚相談所」です。
結婚相談所はサポートが手厚いところも多く、何より結婚に対して積極的な方が数多く登録しているので、結婚にたどり着く近道と言えるでしょう。また、体験談も数多く聞くことができるも大きな魅力です。この記事では、結婚相談所の選び方などをご紹介します。

結婚相談所の選び方

結婚相談所のタイプは大きく分けて以下の2つ。それぞれメリット/デメリットがあります。

■仲介型

カウンセラー/アドバイザーが付いてくれて、婚活を手厚くサポート。「早く結婚したい」「成功率を高めたい」という人におすすめ。料金は高いが、そのぶん登録者も結婚に対する意欲が高い人が多い。特定の条件を満たさないと入会できないタイプも。

■データマッチング型

登録者のデータを参照しながら、自分に合った相手を見つけるタイプ。カウンセラーがつかない場合が多いため、自力で活動する必要があるが、そのぶん仲介型より料金を抑えられる。また、自分のペースで婚活できるというメリットも。会員数も多い傾向にある。

【参考】結婚相談所をタイプ別で比較(結婚相談所連盟)

インターネットの婚活サービスも人気

近年では、Pairs(ペアーズ)をはじめとするマッチングアプリやインターネットの婚活サービスも人気。結婚相談所に比べると費用が抑えられるので、間口が広く、会員数も多いです。婚活ビギナーでも始めやすいと言えるでしょう。

しかし、手軽に始められる反面、登録者の結婚に対する意欲もまちまち。利用の際には相手を見極める力が必要となります。

結婚相談所の利用者数

結婚相談所は本当に理想の相手と出会えるのか、心配に思っている方もいるかと思います。ここで、結婚相談所の利用者数や成婚者数などのデータをご紹介します。

結婚相談所など婚活サービスの利用経験率は、20代男性の上昇が顕著

婚活を始めるのに、早いも遅いもありません。「婚活実態調査2018」(リクルートブライダル総研調べ)によると、独身者の婚活サービス利用経験率は、過去3年で最も高い18.1%を記録。特に20代男性の伸びが特徴的で、2016年の11.5%、2017年の11%に対し、2018年は14.3%まで上昇しています。

【参考】婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)

結婚相談所は本当にうまくいく? 成功カップルはどれくらい?

日本結婚相談所連盟(IBJ)によると、2018年の成婚者数は9701名を記録しています。

また、「婚活実態調査2018」(リクルートブライダル総研調べ)によると、2017年に結婚した人のうち、結婚相談所を利用した婚活によって結婚したと回答した人は20.7%。これは「知人に紹介を依頼」(23.1%)、「婚活サイト・アプリ」(22.2%)に次ぐ数値で、「婚活パーティ・イベントに参加」(17.7%)よりも多いです。

なお2016年においては「結婚相談所」が25.3%。「知人に紹介を依頼」「婚活サイト・アプリ」(各17.2%)などを押さえて最も多いという結果が出ています。

【参考】婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)※本文中の婚姻年2016年は「婚活実態調査2017」より

成婚者数(結婚相談所連盟)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。