人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.21

善玉コレステロール、リコピン、夏バテ対策、紫外線対策、トマトがもつ恐るべきパワー

野菜の中でも特にトマトが好きだという人は多いが、トマトには様々な力が秘められている。そんな魔法の野菜、トマトに関する関連記事を@DIMEから厳選して紹介しよう。

トマトがもつ恐るべきパワー

トマトが善玉コレステロールを増やす?リコピンを効果的に摂取するテクニック

トマトが善玉コレステロールを増やすことが判明!リコピンを効果的に摂取する方法は?

コレステロールといえば、善玉と悪玉があり、善玉は良い影響がある働きがあること自体は広く知られている。しかし、その善玉コレステロールが実際どのような働きをするのかや、どうすれば増えるのかは、なかなか認知度は低いようだ。そんな中、カゴメがトマトの成分に善玉コレステロールを増やす働きがあるのを確認した。善玉を増やす方法が一つ見出されたが、その増やすメリットはどこにあるのだろうか? その効果的な食べ方と共に、その真相をカゴメの研究員の方に聞いてみた。

【参考】https://dime.jp/genre/365983/

トマトを加えてコレステ対策!餅と筑前煮のアレンジレシピ

トマト追加でコレステロール対策!餅と筑前煮のアレンジレシピ2選

今、糖質を控えるダイエットが流行っている。きっと多くの人が、糖質への配慮をしていることだろう。しかし、実はノーマークになりがちなのがコレステロールだ。卵や筋子、いくら、たらこなどが大好物の人は要注意。 そこで、いまだに余っている餅や、作りすぎた筑前煮の残りなどを活用した、コレステロール対策のアレンジレシピを、管理栄養士で料理研究家の関口絢子さんに教えてもらった。

【参考】https://dime.jp/genre/512554/

トマトジュースに含まれるリコピンを最も効率よく摂取できる時間帯は朝!

リコピン

体内での栄養成分の消化吸収や代謝には、1日のリズム(サーカディアンリズム)が存在することが明らかになっており、そのため、栄養成分を摂る時間帯によってその吸収効率が異なる可能性がある。しかし、トマトに含まれる抗酸化作用を持つ“リコピン”は、摂取した時間帯により吸収効率に変化があるのか、すなわち、いつ摂取すると最も効率がよいのか、という情報は明らかになっていなかった。

【参考】https://dime.jp/genre/473590/

「トマトは加熱することで栄養が失われる」はウソだった!?

野菜に関する調査

野菜にも他の食材と同様に〝旬〟があるが、現在はハウス栽培などで季節問わず様々な野菜を食べることができるようになった。また、それに合わせ、野菜の食べ方も様々に変化しているのではないだろうか。ネオマーケティングは、全国の20歳~59歳の女性1000人を対象に、「好きな野菜」や「旬だと思う野菜」など「旬の野菜と調理」に関する調査を行なった。

【参考】https://dime.jp/genre/440052/

トマトには紫外線による肌の色調ダメージを回復させる機能があった!

カゴメはトマトジュースを継続して飲むことで、紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が早まる可能性があることを、ヒト試験により明らかにした。肌は、紫外線を浴びると炎症による赤みを帯びるが、これは紅斑(こうはん)と呼ばれている。さらに、肌の色調が暗くなるが、この程度は特に紫外線の照射1日後までに著しいことが知られている。

【参考】https://dime.jp/genre/438576/

夏バテ対策に!栄養豊富なトマトが持つ11の御利益

火星でも育つ!?栄養豊富なトマトが持つ11の効能で夏を乗り切れ!

何かとスタミナ切れになる夏場の食べ物としてウナギや焼肉もよいが、旬の素材としてはトマトも栄養豊富で疲労回復に繋がる食材だ。そして驚くべきことに先頃、はるか地球を離れて火星や月でも育つ“火星トマト”が誕生したのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/433016/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。