人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.15

ポジティブシンキングが人生にもたらす3つのメリット

ポジティブシンキングがもたらす3つのメリット

 楽観主義の程度が高まるということは、それだけ気分的に前向きになれるということでもある。そしてこれは単に“気分の問題”にはとどまらないという。楽観主義は実際に心身の健康にも繋がっているということだ。ライフスタイル系オンラインメディア「Elite Daily」の記事ではポジティブシンキングがもたらす3つのメリットを解説している。

●楽観主義は健康的な食生活を選択する

 かつてのJACC(Journal of the American College of Cardiology)の研究で、楽観主義者は一般的に健康的な食生活をキープしていることが報告されている。具体的には野菜と果物をより多く消費し、加工肉とスイーツをあまり摂取しない食生活である。そして健康な食生活はもちろん、心身の健康に寄与する。

「自分の考え方の傾向をよく調べ、前向きな考え方をすることを日々の習慣にすることで、化学的反応と感情的なデフォルトモードとしての幸福を生み出す能力が書き換えられます」と行動科学者で対人関係コーチのクラリッサ・シルバ氏は語る。

「これらのレベルを高めるための最善の方法は、意識的にポジティブな結果に焦点を合わせることを日々実践することです」(クラリッサ・シルバ氏)

Elite Daily」より

●ポジティブシンキングは人を運動へと誘う

 米・ノースウェスタン大学フェインバーグ医学院のダーウィン・ラバース教授が率いる研究チームがかつてJACCで発表した研究によれば、楽観的な考え方は「運動習慣に関連している」と報告している。

 また相応のカロリーを消費する激しい運動でなくとも、たとえばヨガや太極拳のような運動でも肉体と精神の双方の健康に有益であることをレノックス・ヒル病院のロバート・グラッター助教授が指摘している。

「毎日の瞑想、ヨガ、太極拳は、血圧を下げ、不安がもたらす身体的症状を軽減することが示されていて、同様にうつ症状の軽減にも繋がっています。マインドフルネスを実践することは、健康を改善するための最も効果的な方法の1つです」(ロバート・グラッター助教授)

●楽観的な笑顔でストレスが低減する

 自分の力ではどうすることもできない外部の要因が影響し、結果が予想できないケースでは何かと不安になるが、それでも楽観的な笑顔でいることでストレスが軽減できるということだ。

 心理学博士で公認の臨床ソーシャルワーカーであるダニエル・フォーシー博士は物事が自分のコントロールを離れている場合でも、冷静沈着で落ち着きを保っていることで、望む結果を想像するのと同様の効果になるという。

「将来についての空想の形での前向きな思考は、うつ病の症状の減少と全体的なポジティブな幸福に関連することが研究によって示唆されています」とフォーシー博士は語る。

 つまりあまりうまく行きそうにない物事でも、楽観的に考えることでうまく行かなかった時のダメージを減らし、楽観視が習慣化することでストレスを寄せつけなくなるということである。心配したところで結果は変わらないのであれば、確かに前向きに考えて何も損することはないということだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。