人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.14

スマホ料金値下げの影響は?通信大手6社で最も乗り換えを検討しているユーザーが多いのはUQ mobile

隣りの芝生は青く見えるもの。スマホも同じで通信料金が高かったり、ちょっとした不具合が生じたりすると、「そろそろ乗り換えようかなぁ……」と思ってしまうものだ。

では実際のところ、通信大手6サービス(3キャリア、サブブランド、楽天モバイル)の中で、ユーザーからもっとも「乗り換え」を検討されているサービスというと、いったい、どこになるのだろうか?

そこで今回、スマホユーザーを対象に「乗り換え」に関するアンケート調査が実施されたので、紹介していきたい。

通信大手6サービス利用者の他キャリア乗り換え意向は平均で18.8%、1年以内の乗り換え平均は55.3%

スマートフォン所有で通信大手6サービス(3キャリア、サブブランド、楽天モバイル)を利用する20歳~69歳の男女21,683人を対象に、予備調査として現在契約している通信会社から他社の通信会社に乗り換えることを検討したことがあるかという質問が行われた。

すると「検討している」と回答したのはdocomoユーザー(n=6,369)の14.4%、auユーザー(n=5,861)の15.5%、SoftBankユーザー(n=3,830)の23.3%、Y!mobileユーザー(n=1,624)の20.4%、楽天モバイルユーザー(n=2,850)の13.6%、UQ mobileユーザー(n=1,149)の25.6%となり、6サービスの乗り換え意向の平均は18.8%となった。UQ mobileユーザーがもっとも乗り換え検討率が高いという結果になった。

前問で乗り換えを「検討している」と回答した人3,727人を対象に、乗換えを検討している時期を尋ねる調査が行われたところ「3ヶ月以内」「半年以内」「1年以内」を合わせると、docomo(n=914)の51.7%、au(n=906)の54.4%、SoftBank(n=893)の56.3%、Y!mobile(n=332)の60.9%、楽天モバイル(n=388)の43.5%、UQ mobile(n=294)の64.9%が、1年以内で乗り換えを検討し、検討時期の平均は55.3%となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。