小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ランニングを習慣化させるために必要な「仕組みづくり」のヒント

2019.05.18

(2)プチご褒美を用意する

「メドックマラソン出場」というワクワクするような目標を立てても、毎日同じことを繰り返し行っていると、飽きてきてしまいます。飽きないためにも自分に「プチご褒美」を用意しましょう。例えば、「毎週水曜日はランニングの後に、オシャレなカフェでヘルシーなフルーツスムージーを飲む」など。

また、プチご褒美がもらえるアプリを使用するのもワザです。アメリカでは「Miles」というアプリがあり、走行距離に応じてポイントが付与され、溜まったポイントでヘルシースナックやコーヒー豆と取り換えることができます。

Photo: https://www.getmiles.com/

このような、ゲーム感覚で楽しめるアプリを使用するのもおすすめです。

(3)周囲の人を巻き込む

「メドックマラソン出場」という目標はワクワクするものですが、目標達成までの道のりは長いものです。初心者がフルマラソンを完走するには最低でも半年は必要です。目標までの道のりが長ければ長いほど、プチご褒美だけでは頑張れなくなってくるかもしれません。

そんな時は周囲の人を巻き込むことで、パワーをもらいましょう。例えば、近所のランニングサークルに入ったり、ランニングに関心のある友達を誘ってみたりするのもいいでしょう。

1人だと挫折してしまうことも、誰かと一緒に行うことで頑張ることができます。

習慣化は仕組みづくり

今回はランニングを例に説明しましたが、これらのテクニックは英語の勉強や読書など、ランニング以外の事にも使えます。

元号が「令和」に変わり、心機一転新しいことに取り組もう!何かに挑戦しよう!と決意されている方も多いことと思います。その決意が三日坊主で終わらないよう、継続できる仕組みをつくることで、習慣化させていきましょう。

文/小松佐保(Foody Style代表)
一橋大学経済学部卒業。日本&シンガポールのブランドコンサルに勤務した後、食領域に特化したマーケティングコンサルとして独立し、アメリカ・ボストンへ。
会社員時代に生活習慣の乱れが原因で体調を崩したこと、ボストニアンの心身共にヘルシーなライフスタイルに感化されたことで、「食×健康」に関心を抱くように。
現在は、ニューヨークの世界最大の栄養学校Institute for Integrative Nutritionでホリスティックヘルスを学びながら、食生活やライフスタイルを改善するための情報発信やイベント開催などを行っている。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。