人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これから出会う可能性がある人を事前にSNSで検索をしたことはある?

2019.05.15

入社や異動、入学など、新年度は新たなコミュニティに所属する機会も多い。いったい、どんな人がいるんだろう……そんな新しい環境に飛び込む不安を少なからず解消してくれるのが、SNSだ。

SNSを利用すればコミュニティに入る前から、そこに所属する人の容姿や趣味、嗜好を調べられたりもするわけだが、実際のところ、どれくらいの人が今後出会う可能性がある人を事前にSNSで検索しているのだろうか?

そこで今回、15歳~59歳のSNSに登録している男女993名を対象にしたアンケート調査が行われた。

今後出会う可能性がある人を事前にSNSで検索した経験があるのは、平成世代で約4割、昭和世代は2割に満たず。

平成世代の42.4%が直接出会いそうな人を事前にSNSで検索したことがあると回答した一方、昭和世代は16.1%と2割に満たない結果となった。

また、直接出会いそうな人と事前にSNSで繋がりたいかという質問が投げかけられたところ、平成世代は半数に迫る46.9%が繋がりたいと回答したが、昭和世代は23.6%と平成世代の約半分の割合に。

デジタルネイティブと言われている平成世代ほど「新たな出会い」においてSNSを活用しており、事前にSNS上で繋がりたいと考えていることが明らかとなった。

事前にSNS上で繋がりたい理由は、「会った後のコミュニケーションを円滑にしたいから」が半数以上

前問で「事前にSNSで繋がりたい」と回答した平成世代にその理由を尋ねる調査が行われたところ、「会う前にコミュニケーションをとりたいから」が57.4%で最も多い結果となった。

また、52.8%が「会った後のコミュニケーションを円滑にしたいから」と回答しており、SNSがコミュニケーション手段として定着している平成世代は、SNSを人間関係構築のきっかけとして活用していることが明らかとなった。

前問で「事前にSNSで繋がりたい」と回答した平成世代を対象に、SNSで繋がるにあたって「心配や不安なことがあるか」尋ねる調査が行われたところ、約8割が「ある」と回答。

事前にコミュニケーションを取るためにSNS上で繋がりたいと思っているものの、同時に不安も感じていることが明らかとなった。

前問で「事前にSNSで繋がる際に心配や不安がある」と回答した平成世代を対象に、その理由を尋ねる調査が行われたところ、「SNS上とリアルの自分のギャップ」が56.8%で最も多い結果となり、コミュニケーションに関係する項目を上回る結果となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。