人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.11

日本、アメリカ、中国、こんなに違う「母の日」に対する価値観

母の日に夫にしてほしいこと、米国と日本は「食事に連れて行ってほしい」、中国は「サプライズプレゼント」と回答!

各国の母親を対象に母の日に夫にしてほしいことを尋ねる調査が行われたところ、最も多かった回答は、米国と日本は「食事に連れて行ってほしい」、中国は「サプライズプレゼント」だった。

米国は第1位の「食事に連れて行ってほしい」(53.0%)に続き、以下「サプライズプレゼント」(43.0%)、「掃除」(36.0%)、「料理」(34.0%)、「1 人の時間を過ごさせてほしい」(28.0%)と回答した。

中国では第1位が「サプライズプレゼント」(77.0%)で、以下「料理」(40.0%)、「食事に連れて行ってほしい」(39.0%)、「掃除」(33.0%)、「マッサージ」(26.0%)と続いた。

日本では第1位が「食事に連れて行ってほしい」(29.0%)で、「特になし」(27.8%)、「サプライズプレゼント」(25.0%)、「リクエストを聞いた上でのプレゼント」(24.3%)、「1 人の時間を過ごさせてほしい」
(23.5%)と続いた。

中国では義母にも母の日に特別なことをしたと回答した人が 96%にのぼる

各国の母親に対して、義母に母の日に何かしたかを尋ねる調査が行われたところ、中国の 96%が「母の日に義母に何かする」と回答。米国は 69.0%、日本は 68.7%という結果だった。

さらに、義母に何をしたかを尋ねる調査も行われた。米国は第1位の「手紙を渡した」(30.0%)に続き、以下「お花を贈った」(29.0%)、「一緒に外食した」(14.0%)という結果に。

中国では第1位が「服・服飾品を送った」(53.0%)で、以下「一緒に外食をした」(45.0%)、「お花を贈った」(36.0%)と続いた。

日本では第1位が「お花を贈った」(36.8%)で、以下「購入したお菓子や食べ物を贈った」(19.3%)、「服・服飾品を贈った」(14.5%)と続いた。

■調査の概要
調査方法:インターネット調査
対象エリア:米国、中国、日本
調査対象:3歳から9歳までの子どもとその母親
サンプル数:米国人の子どもと母親(米国在住)100組/中国人の子どもと母親(中国在住)100組/
日本人の子どもと母親(日本在住)400組
調査実施期間:米国/中国 2019年 3月20日(水)~3月26日(火)
日本 2019年 3月27日(水)~3月28日(木)
調査実施機関:株式会社ネオマーケティング

出典元:クラシエフーズ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。