人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

北米と比べて日本のユーザーの中古スマホ購入率が低い理由

2019.05.09

購入しようにも、高額でなかなか手が出ない新品のスマートフォン。

しかし、中古スマートフォンだったら、最新機種は厳しいにしても、比較的新しい機種がかなりの安価で買えたりもするため、街中の中古スマホショップで「掘り出し物はないか」と物色している人も少なくない。

そんな中古スマートフォンだが、日本とアメリカでは利用率にどの程度の差があるのだろうか?

そこで今回、日本に住む15歳~69歳の男女1,010人と、アメリカに住む15歳~69 歳の男女 1,111人を対象にしたアンケート調査が行われた。

スマートフォン利用率、日本は83.4%(5.5ポイント増)、米国は94.1%(1.1ポイント増)

まずは、日本在住の15歳~69歳の男女(n=1,010)とアメリカ在住 15歳~69歳の男女(n=1,111)に対して、現在メイン利用している携帯電話端末を尋ねるアンケート調査が行われたところ、日本のスマートフォン利用率は83.4%、アメリカのスマートフォン利用率は94.1%となり、その差は10.7%となった。

2018年と比較すると iPhone の所有率がアメリカでは 13.7ポイント減、Android の所有率は日本が9.0ポイント増、アメリカでは 15.5ポイント増となった。

日本の中古端末購入率4.9%、米国の中古端末購入率は10.8%、日本より 5.9ポイント高い

スマートフォン・携帯電話を所有している日本在住の15歳~69歳の男女(n=973)とアメリカ在住 15 歳~69歳の男女(n=1,081)に対して、現在利用している端末の購入・入手方法を尋ねる調査が行われたところ「新品の端末を購入した」という割合は、日本で93.1%、アメリカでは79.6%であった。

中古端末(修理・整備された中古端末を含む)の購入割合は、日本は4.9%、アメリカは10.8%となった。また、日本の中古端末割合に関しては、2016年4月に行った調査の1.8%から3.1ポイントアップするという結果になった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。