人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モノは「所有する」から「利用する」時代へ、フリマアプリがもたらす消費に対する感覚の変化

2019.05.11

まだ使える不要品、利用者は「売る」非利用者は「保管」

フリマアプリ利用者・非利用者別に、不要品の扱い方について尋ねる調査が行われたところ、利用者は、不要品を「売る」という回答が最も多く75.6%、次いで「譲る」が63.6%。

一方で非利用者の場合は、不要品を「保管しておく」という回答が最も多く56.8%、次いで「捨てる」が42.4%。利用者のほうが不要品を捨てずに循環する傾向が明らかになった。

“売る前提の買い物“意識がより顕著に

フリマアプリ利用者に対し、消費に関する意識を尋ねる調査が行われたところ、「新品を購入するときにリセールバリューを考えるようになった」と回答した割合は60.6%で、昨年と比較し9.7%増加しており、売ることを前提に買い物をするという意識が拡がっている。

約30%が「新品の商品購入単価が上がった」

フリマアプリ利用者に対して、フリマアプリの利用による新商品の購入単価の変化について尋ねる調査が行われたところ、、28.0%が購入単価が上がったと回答している。

購入単価が上がったカテゴリーについて尋ねる調査も行われたところ、最も多かった回答が「洋服・靴・カバン」で55.0%、次いで「エンタメ・ホビー」で27.1%、「家電・スマホ・カメラ」・「インテリア・住まい・小物」で26.4%という結果となった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。