人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モノは「所有する」から「利用する」時代へ、フリマアプリがもたらす消費に対する感覚の変化

2019.05.11

今やすっかりお馴染みになったメルカリに代表される「フリマアプリ」。個人間の物品の売り買いを手軽に行えるサービスとしてここ数年、爆発的に普及しているが、このフリマアプリが消費者意識に大きな変化をもたらしつつあることが、株式会社メルカリによる、全国のフリマアプリ利用者と非利用者1,000名を対象にしたアンケート調査によって明らかになった。

中古品の購入・使用に対する抵抗感が昨年調査より減少

フリマアプリ利用者・非利用者両方に中古品の購入・使用に対する抵抗感を尋ねる調査が行われたところ、55.5%が「抵抗を感じない」と回答、44.5%が「抵抗を感じる」と回答した。

非利用者は、55.6%が「抵抗を感じる」と回答。昨年と比較し中古品への抵抗感が6.2%減少していることがわかった。

また、利用者においても33.4%が「抵抗を感じる」と回答。昨年と比較し中古品への抵抗感が2.1%減少していることから、フリマアプリ利用・非利用を問わず、中古品に対する抵抗感が減少していることが明らかになった。

商品を購入する際、新品であることへのこだわりが減少

フリマアプリ利用者・非利用者両方に、商品購入の際に重視することを尋ねる調査が行われたところ、「新品であることを重視」と回答した割合は全体で27.3%であることがわかった。

フリマアプリ非利用者における「新品であることを重視」と回答した割合は28.4%。特に50代・60代の変化が大きく、昨年と比較すると、それぞれ5.0%減少していることが明らかに。

利用者で「新品であることを重視」と回答した割合は26.2%。こちらも50代・60代の変化が大きく、昨年と比較し50代で11.0%減少、60代で9.9%減少している。
これらのことからフリマアプリ利用・非利用を問わず、新品に対するこだわりが減少しており、特に50代・60代の変化が顕著であることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。