人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「マークX」のファイナルエディション発売!あの頃、みんなが憧れたトヨタの歴代「マークⅡ」を振り返る

2019.05.11

TOYOTAは、マークXに特別仕様車 250S“Final Edition”ならびに250S Four“Final Edition”を設定し、4月24日に発売した。

TOYOTA、マークXの特別仕様車を発売

初代 1968年 (コロナマークⅡ)

マークXは、1968年に前身モデルであるマークⅡとして登場以来、50年以上にわたって販売されていたが、2019年12月をもって生産終了となる。

2代目1972年(コロナマークⅡ)

3代目1976年(コロナマークⅡ)

4代目1980年(コロナマークⅡ)

5代目1984年(コロナマークⅡ)

6代目1988年(コロナマークⅡ)

7代目1992年(コロナマークⅡ)

8代目1996年(コロナマークⅡ)

9代目2000年(コロナマークⅡ)

ファミリーカーから始まったマークⅡは時代の変化を敏感に察知し、容姿も進化しながらFRセダンの中心的存在として歩んできた。

10代目2004年(マークX)

11代目2009年〜(マークX)

2004年にマークXに改名以降は、さらなる高みを目指し、「美しく」そして「意のままの走り」ができるクルマとしてこれまでその名を刻み続けてきたが、いよいよその歴史に幕を閉じようとしている。最後に感謝を込めて、特別仕様車を設定した。

マークX 特別仕様車 250S“Final Edition”<オプション装着車>

外装はスパッタリング塗装の18インチアルミホイールを特別装備(2WD)するとともに、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用。洗練された上質感を創出。外板色には、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、プレシャスブラックパールの全3色を設定した。

内装には、ブラックとレッドを配色したアルカンターラ®+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用。さらに、本革巻き4本スポークステアリングホイール、シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどの随所にレッドステッチを施すことで、スポーティな印象を際立たせている。

また、駐車時の接触や衝突の回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備し、デザインだけでなく安全性能の充実を図った仕様としている。

マークX 車両情報/https://toyota.jp/markx/

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。