人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.12

四輪の高速コーナリングと二輪の爽快感を楽しめるBRPの三輪バイク「カンナム ライカー900」

 スポーツライディングの醍醐味といえばコーナリング……というのが半ば定説になっているが、「本当にそうだろうか?」と首を傾げることがある。僕はクルマも好きで、学生時代はレーシングカートの走りを楽しんでいた。並行してバイクにも乗っていたわけだが、四輪と二輪、どちらがコーナリングを楽しめていたかというと、四輪に分があったように思う。

 というのは、四輪のコーナリングを突き詰めていくと(かなりの確率で)スピンで済むが、二輪では(かなりの確率で)転倒というかなり痛いリスクが待ち構えているからだ。……ただし僕の場合レーシングカートでは他車と接触して宙を舞い、鎖骨を骨折したことがあり、逆に二輪の転倒では骨折経験がないから、一概に「二輪の方がリスキー」とは言えないのだが……。

四輪と二輪のいいとこ取りの三輪モーターサイクル

 横Gでぐいぐいと体がアウト側に押しつけられる四輪のコーナリングはひたすら楽しい。でも、全身剥き出しでオープンエアに包まれて走る二輪の爽快感も捨てがたい。BRPのカンナム ライカー900は、その両方を1台で満たす(四輪+二輪)÷2=三輪モーターサイクルだ。

 前2輪はダブルウィッシュボーン、後ろ1輪はモノサスペンションという造り自体がまさに(四輪+二輪)÷2だが、車体を傾けることなく強烈な横Gに耐えながらハンドルを切っていくコーナリングの感覚は完全に四輪寄りだ。それも一般的な自動車というよりレーシングカートに近いシャープなハンドリングである。

フロントのダブルウィッシュボーンサスペンションはフォーミュラマシン好きにはたまらない眺め。ショックアブソーバーはザックス製、ブレーキディスクはφ270mmで、ニッシン製キャリパーを採用

ハンドル位置は前後スライド調整が可能。ハンドルもフットペグも位置調整にあたって工具は不要だ

クランプ部を手で持ち上げればフリーになり、刻みに合わせてハンドル位置を決められる。

フットペグ(ステップ)はポジションを調整できる。フットペグを手でグッと持ち上げればフリーになるので、印に合わせて前後にスライドさせる。フットペグを下げればロックされる仕組み

右足のブレーキペダルは角度調整が可能。ライカー900のブレーキ操作はこのペダルのみで、ハンドルにブレーキレバーはない

 エンジンは77psを発生するロータックス製の並列3気筒。かなりスパイシーな加速力で、スロットルを開けるほどに後輪のトラクションが高まる感覚は二輪寄りと言える。つまりは前輪が四輪のパート、後輪が二輪のパートを担っているのだ。

エンジンスタートキーを突起にはめ込むと、キーと車体の間で通信が行われ、認証されればエンジンがかかる仕組み。BRPの水上バイク「Sea-Doo」で採用されているD.E.S.S.キーと同様のシステムだ

 ちなみにスタビリティコントロール、トラクションコントロールといった電子制御も採用されているので安心感はあるが、何しろ前2輪、後ろ1輪の乗り物が限界を越えた時にどのような挙動を示すのか感覚として想像できないので、そもそも無理をしようとは思わない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。