人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

走りが楽しいスクーターは存在するのか?BMW「C400X」に乗ってわかったこと

2019.05.12

 今や日本で販売される自動車のうちおよそ98%がAT車という時代である。我が国のドライバーはクラッチが嫌いなのだ。一方、一般的に「バイク」と称される乗り物はほとんどがMTである。バイク乗りはみんな喜んでクラッチ操作をしているのだから、バイクがいかにマニアックな存在かが分かるというものだ。

「二輪車」という大きなくくりで見れば、ATの雄としてスクーターがあるのだが、MTのバイク/ATのスクーターはクッキリと線引きされている。原動機ひとつ、タイヤがふたつという大枠の構成は同じなのに、なぜか別の乗り物ぐらいの扱いなのだ。

 僕は二輪車が好きだ。自転車でもスクーターでもバイクでも人力でもエンジンでもモーターでも、もちろんMTでもATでも、二輪であれば何でも楽しい。だからBMW C400Xも文句なく楽しかった。ただし、スクーターの範疇というよりは、むしろスポーツバイク的に楽しかったのだ。

 バイクとスクーターが別モノ扱いされる要因は、MTかATかということもあるが、ズバリ言ってしまえば「面白いバイク、面白くないスクーター」という見方も根強い。だがC400Xは、確実に面白いスクーターとして成立している。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。