人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パンタグラフ、テンキーレス、充電式、使いやすさで選びたいワイヤレスキーボードのおすすめ9選

2019.05.06

パソコンの使い心地を左右するキーボード。ケーブルの煩わしさから解放されるワイヤレスタイプのキーボードは機能性にも優れ、メイン用・サブ用としても人気が高い。

本記事では、パンタグラフ・テンキーレス・充電式の切り口で、それぞれのおすすめワイヤレスキーボードを紹介する。各製品の打感やキー配列にも注目してみよう。

【目次】

おすすめパンタグラフワイヤレスキーボード

持ち運びにも便利なテンキーレスワイヤレスキーボード

充電式のおすすめワイヤレスキーボード

おすすめパンタグラフワイヤレスキーボード

はじめに、おすすめのパンタグラフワイヤレスキーボードを紹介する。軽く浅いタッチが好きな方は、パンタグラフキーボードを試してみよう。

エレコム TK-FDP055

エレコム  TK-FDP055

エレコムのTK-FDP055は、テンキー機能・タッチパッド機能を切り替えて使用できるワイヤレスキーボード。タッチパッド部分は、ズームイン・ズームアウトなど、13種類のジェスチャーに対応している。

それぞれのキーが独立している「アイソレーション設計」を採用しているため、爪が長い人でもタイプしやすいのも特徴。

出典 公式サイト|エレコム TK-FDP055

 

アマゾンでの購入はこちらから

サンワサプライ SKB-WL23

サンワサプライ SKB-WL23

サンワサプライのSKB-WL23は、最大10m離れた場所からでも使用できるワイヤレスキーボード。周波数2.4GHzに対応している。幅は30cm以下で、とてもコンパクト。

キーボードカーブを採用しているため、キータッチがしやすいのもポイント。

出典 公式サイト|サンワサプライ SKB-WL23

 

アマゾンでの購入はこちらから

Anker Ultra-Slim Bluetooth Keyboard

Anker Ultra-Slim Bluetooth Keyboard

AnkerのUltra-Slim Bluetooth Keyboardは、価格が安くコスパの良いワイヤレスキーボード。Mac・Windowsはもちろん、iOS(iPnone/iPadなど)・Andrioidにも対応している。タイピング時の音が静かで、使い心地も抜群。

出典 公式サイト|Anker Ultra-Slim Bluetooth Keyboard

 

アマゾンでの購入はこちらから

持ち運びにも便利なテンキーレスワイヤレスキーボード

ここでは、持ち運びに便利なテンキーレスのおすすめワイヤレスキーボードを紹介する。「テンキーを使い頻度が少ない」「コンパクトなものが良い」という方は、テンキーレスのものを選択肢にしてみよう。

バッファロー BSKBB500BK

バッファロー BSKBB500BK

バッファローのBSKBB500BKは、Bluetooth3.0class2対応のワイヤレスキーボード。PC・デバイス(PS4・iPadなど)から最大10m離れた場所でも使用できる。

最薄部はわずか4.5mmほど。薄型ボディに加え重量はおよそ152gと軽量なため、持ち運びに最適だ。

出典 公式サイト|バッファロー BSKBB500BK

 

アマゾンでの購入はこちらから

ロジクール K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD

ロジクール K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD

ロジクールのK380 MULTI-DEVICEは、最大3台のデバイスに同時に接続できるのが特徴。ボタンを押すだけで、接続中のデバイスを簡単に切り替えられる。

パソコンはもちろん、スマホ・タブレット用のキーボードとしてもおすすめ。

出典 公式サイト|ロジクール K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD

 

アマゾンでの購入はこちらから

マイクロソフト Universal Foldable Keyboard

マイクロソフト Universal Foldable Keyboard

マイクロソフトのUniversal Foldable Keyboardは、折りたたみ式のワイヤレスキーボード。コンパクトで持ち運びしやすく、防滴・撥水加工なのでカフェなど外出先での作業にもおすすめ。

Android製品・iPad・iPhone・Windows タブレット・Windows Phoneに対応している。

出典 公式サイト|マイクロソフト Universal Foldable Keyboard

 

アマゾンでの購入はこちらから

充電式のおすすめワイヤレスキーボード

最後に、充電式のワイヤレスキーボードを紹介する。電池交換が不要なので手間が少なく、デザインもすっきりとしている。「電池を毎回交換するのは面倒」という方は充電式のものを選ぶようにしよう。

オウルテック OWL-BTKB7801

オウルテック OWL-BTKB7801

オウルテックのOWL-BTKB7801は、バッテリー内蔵で電池が不要なワイヤレスキーボード。折りたたみ式なので、持ち運びもしやすい。

付属のケースはスタンドとしても使用可能で、タブレットなどとの相性も良い。

出典 公式サイト|オウルテック OWL-BTKB7801

 

アマゾンでの購入はこちらから

Satechi アルミニウムBluetoothワイヤレスキーボード

Satechi アルミニウムBluetoothワイヤレスキーボード

SatechiのアルミニウムBluetoothワイヤレスキーボード は、USB-C充電対の製品。最大80時間の連続使用ができるため、持ち運び用としても最適だ。一度に3つのデバイスに接続可能。テンキーをよく使用する方にもおすすめ。

アマゾンでの購入はこちらから

コルセア K63 ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード 青色 LED CHERRYR MX Red (JP)

コルセア K63 ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード 青色 LED  CHERRYR MX Red (JP)

コルセアのK63ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボードは、有線・無線どちらにも対応しているのが特徴。さらに、ゲーム用に最適化された超高速の「1ms 2.4GHzワイヤレス技術」を採用し、遅延が少ない。ゲームでの使用を前提としている方におすすめ。

出典 公式サイト|コルセア K63 ワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード 青色 LED CHERRYR MX Red (JP)

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/久我裕紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。