人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.01

会話の時間が減っている原因はやっぱりスマホ?子どもとの会話を増やすヒント

子どもとの会話時間、一日にどのくらい取ることができているだろうか?

アンケート調査では、昔より子どもと母親との会話が減っている傾向があり、その原因としてスマートフォン利用が挙げられた。子育てアドバイザーである、ぺたほめ医専アカデミーの代表、藤田敦子さんに対策を聞いた。

約6割が自分が子ども時代より子どもとの会話時間が減少

江崎グリコが2018年8月に幼稚園または小学生の子を持つ20~40代母親500名を対象に行ったアンケート調査で、約6割が「自分が子どもの時より、子どもとの会話が減った」と実感しており、自分が子どものときよりも4割近く減ったと回答。

子どもと対面で会話する時間は一日に「30分以上1時間未満」が28%で最も多い結果となった。

そして8割超の人が「子どもとの会話を増やしたい」と感じている中、原因の一つに考えられるのが、スマホ利用。「子どもと同じ空間にいても自分がスマホを見てしまうことがある」と回答した人が84%にも上った。

スマホ使用が原因?子育て専門家の感想

子どもとの会話時間が昔より減った原因として、スマホ使用時間が長いことが挙がった。特に共働き夫婦は思い当たる節があるかもしれない。

このアンケート結果を受け、子育ての専門家としての率直な感想を子育てアドバイザーの藤田さんに聞いた。

「公園や電車の中などで、ずっとスマホを触って子どもを放置しているママの姿を頻繁に見かけます。ママが見つめてくれない状態で育っていく子どもが、将来どうなるのか想像すると怖くなります。ママがどれだけ見つめてくれるかで、子どもの自信が育ちます。見つめてもらえなくて認めてもらえない子どもは、自信がなく、人も認められない子どもに育ってしまう可能性があります。何とか対策を考える必要があると思います」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。