人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「あおり運転」で免停になることはある?

2019.04.28

 社会問題化している「あおり運転」。交通死亡事故につながる恐れがあるあおり運転は、走行中に蛇行や幅寄せ、急停止、パッシング等を繰り返して相手に威圧感や恐怖感を与え、他人の運転を妨害する悪質かつ危険な行為だ。

 重大な事故につながりかねない、これらの違反行為に対しては、累積点数がなくても危険性帯有者として免許停止等の行政処分が科されるということを知らない人は意外と多い。自分ではそんなつもりはなくても「あおり運転」と認定される行為に該当していることがあるかもしれない。以下に記したその内容と違反の詳細を今一度、確認しておこう。

 

「あおり運転」の態様と違反種別

・前方の自動車に著しく接近し、もっと速く走るよう挑発する 

→ 車間距離保持義務違反(法第26条)

・危険防止を理由としない不必要な急ブレーキをかける 

→ 急ブレーキ禁止違反(法第24条)

・後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならなくなるような進路変更を行なう 

→ 進路変更禁止違反(法第26条の2第2項)

・左側から追い越す 

→ 追越しの方法違反(法第28条)

・夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを持続する 

→ 減光等義務違反(法第52条第2項)

・執拗にクラクションを鳴らす 

→ 警音器使用制限違反(法第54条第2項)

・車体を極めて接近させる幅寄せ行為を行なう 

→ 安全運転義務違反(法第70条)、初心運転者等保護義務違反(法第71条第5号の4)

 これらの悪質かつ危険な行為が有形力の行使と認められる場合は、暴行罪(刑法第208条)が成立する場合がある。また「あおり運転」によって他人を死傷させたり、事故を誘引した場合も厳しく処罰されることを忘れてはならない。

■参考情報

一般財団法人全日本交通安全協会 www.jtsa.or.jp/

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。