人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これがタイ旅行の新しい楽しみ方!バンコクから車で2時間で行ける超穴場「PBバレー・カオヤイワイナリー」

2019.05.04

さわやかな香りを楽しむ至福のテイスティングタイム

農場の中腹にはワインの醸造所、そしてお待ちかねの試飲コーナーがあります。

「PBカオヤイリザーブシュナンブラン」、「PBカオヤイローズ」、「PBカオヤイリザーブシラーズ 2012」などを楽しむことができました。

今回同行した日本人のお友達、世界を旅するワインエキスパート(ソムリエール)の資格を持つよーこさんも、このワインをそれぞれテイスティング。

(文中内のソムリエール よーこさんの写真です)

「ここのワイナリーのおすすめはシュナンブラン、ミネラリーで爽やかな香りが特徴的。さっぱりしており飲みやすい。細いグラスで暑い日に飲みたい感じです」とのことでした。テイスティングしたワインのうち、お土産に買うならこの白ワインが間違いなくお勧めとのこと。筆者もワイナリーに広がる赤土が耕された風景をながめながら、その香と味を楽しみました。

お土産コーナーの一角。ソムリエールよーこさんおすすめの白ワイン

こちらのワイナリーのオーナは、Dr. Piya Bhirombhakdiと言うタイの実業家で、チェンマイ大学とカセサート大学で2つの修士号を取得後に、このワイン事業をはじめました。シンハービール製造元の一族が経営母体です。最初のブドウ畑は合計20ヘクタールに広がり、赤ワインにはシラーズ、白にはフランスの台木を使ったシュナンブランを原料としてます。設立当初は単に「カオヤイワイン」と名乗っていました。

オーナーが納得のいくワインが初めて生産できるようになった1998年当初、タイで生産できる唯一無二の存在でした。ブドウの木の栽培の北限及び南限の研究は世界各国で取り組まれています。北緯14.3度というエキゾチックな土地でワインなど無理だろうと誰しも思っていたのです。しかし、ここタイのPB Valleyは、ブドウ栽培の南限の研究に大いに貢献しているワイナリーです。Piya Bhirombhakdi氏の研究が実を結び、この土地でめでたくワインが作られるようになったことを評して、オーナーのイニシアル付きの施設及び商品名に改名されました。

ここで生産されているワインの8割は国内で消費されており、残りの2割は海外輸出用、その中でも一番輸出量が多いのが日本だそうです。

もし、日本国内でタイ産ワインを見かけたら是非手に取っていただきたいのと、やはり実際にタイに足を運んでいただきたい。この南国の土地でスパイシーなタイ料理とともにこの個性的なワインを楽しむのは本当に楽しい体験になると思います。

広大な敷地内には子供を遊ばせる遊具も。家族連れも十分楽しめる

このワイナリーにはレストランが併設されており、ステーキや石窯ピザなどヨーロッパ料理のメニューがあるほか、タイのローカルフードも多数揃っています。

併設のレストランにはタイ風にアレンジされた料理も。

こちらはカシューナッツとホーリーバジルを使ったタイ風アレンジのパスタ

「PBバレー・カオヤイワイナリー」のギフト・ショップでは、ワインはもちろん、ぶどうジュースや、収穫時期であればフレッシュなブドウの果実なども購入できます。そのほか、カオヤイ周辺で収穫されたお米やドライフルーツなど、観光農園が盛んなカオヤイならではのお土産も販売されています。是非お買い物も楽しんでください。

【PBバレー・カオヤイワイナリー】
PB Valley Khao Yai Winery
http://www.pbvalley.com/

所在地:102 Moo 5, Phaya Yen, Pak Chong Nakorn Ratchasima 30320 / Thailand
Tel:+66 81 7338 or +66 85 4811 741
info@khaoyaiwinery.com

【カオヤイコーンファーム】
Suwans Corn Farm
https://www.facebook.com/suwanfarm/

所在地: 298‐1 Mittraphap Rd, Tambon Klang Dong, Amphoe Pak Chong, Chang Wat Nakhon Ratchasima 30320
9:00~17:30
Tel:061 558 5280

【ABIDECK (THAILAND)】
http://okuruma.asia/rent/
TEL 089-529-1870
日本から +66-89-529-1870
09:00 ~ 18:00

筆者近影

取材・文/マダム・ボンゴロッソ大森

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。