人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.28

【旅とiPhone】海外でiPhoneをそのまま使う方法・接続編

評判のいいレストランを調べたり、目的地までのアクセスを検索したり、美味しそうな料理の写真をSNSにアップしたり……。旅先でも普段通り『iPhone』が使えれば、旅はぐっと快適なものになる。海外旅行の場合そのためにははまず、現地で利用できるモバイルデータ通信を確保する必要がある。

海外でスマホを使うには?

最も簡単なのは、大手キャリアが提供する海外データローミングサービスを活用する方法。事前に申し込みが必要なことが多いが、出発前にそれさえしておけば、あとは現地に到着後、電源をオンにして利用開始するだけだ。ドコモなら「パケットパック海外オプション」で980円/24時間~。今なら5月12日まで、2人以上で利用&キャンペーンに登録することで、利用料金の50%相当がポイント還元されるキャンペーンも実施されている。またauの場合は「世界データ定額」で980円/24時間~。au STAR会員なら毎月1回24時間分が無料で利用できる特典もある。ソフトバンクで渡航先がアメリカなら、グループ会社であるSprintの回線が追加料金なしで使える「アメリカ放題」が便利。これらのサービスには、日本で契約しているデータプランがそのまま適用されるので、事前に当月の残りギガ数をチェックしておきたい。なお、ソフトバンクでアメリカ以外の場合は「海外パケットし放題」が利用可能で、この場合は日本での契約プランに関係なく、1日最大2980円で使い放題となる。ただしこの1日は現地の時間ではなく、日本時間になるので、使い始め、使い終わりのタイミングには注意が必要だ。

このほか現地で安価なプリペイドSIMカードを購入し、日本のSIMと入れ換えて使う方法もあるが、契約時の言葉の壁や手続の煩雑さに加えて、SIMを入れ換えることで電話番号も変わってしまうため、もし日本から急な連絡があった場合に着信できないという問題もある。その点、海外ローミングサービスを利用する場合は、今使っている番号そのままで電話の待ち受けができるのもメリット。ただし少し長い期間滞在する場合は、割高になってしまうのが悩みの種だ。そこで、もしあなたが最新の『iPhone XS』『iPhone XS Max』『iPhone XR』のユーザーなら覚えておきたいのが、これらの機種から搭載された新機能「eSIM」を活用する方法だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。