人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トヨタ「RAV4」VSホンダ「CR-V」復活したら大きくなったベストセラーSUV対決

2019.05.06

復活でリベンジを図るSUV対決

【復活でリベンジを図るSUV】をテーマにライバルとなるクルマを紹介。クルマは、ライフスタイルの相棒ともなる存在。そんな相棒選びには、数ある選択肢の中から走りを重視したり、デザインで選んだりと、何かと悩ましいもの。ただそんな、あれこれと比較して迷っている時間も、また楽しいひととき。もちろん、それが妄想の世界でもだ!

トヨタ『RAV4』 2,608,200円〜

1994年に登場したRAV4は、日本で初となる乗用車のモノコックをベースに開発され、「クロスオーバーSUV」の先駆けとして人気を博した。

ただ、初代が「5ナンバー」のコンパクトなサイズだったのに対し、2代目以降は北米市場の要望で「3ナンバー」サイズになり、4代目は海外専売車となってしまった。日本で復活となる5代目は、TNGAコンセプトベースのパワートレインを刷新し、さらに新開発の4WDシステムなどの採用で、燃費だけでなく運動性能を向上。

ガソリン車には、前後輪に加えて走行状況に応じて左右の後輪に独立してトルクを分配するダイナミックトルクベクタリングAWDを新採用。またハイブリット車には、走行安定性を賢くアシストするE-Fourを装備。

関連情報
https://toyota.jp/rav4/

ホンダ『CR-V』 3,230,280円〜

1995年に、シビックのプラットフォームを基に開発された初代CR-V。その3代目からは、海外市場を見据えてボディサイズが拡大していく反面、国内では人気が低迷して2016年の4代目で生産終了。

およそ2年振りの復活となる5代目CR-Vは、本来の強みである広い室内空間や使い勝手の良さに加え、あらゆる状況における安心で快適な走りを提供。さらに、CR-Vのハイブリッドシステムに初めて4WDを設定したほか、ガソリンモデルには7人乗りの3列シート仕様を設定。

ガソリンモデルでは、燃料タンク形状の扁平化などにより、全長を変えずに7人乗り3列シート仕様を実現。2列目はスライドしてフレキシブルにスペースを調節できるほか、跳ね上げることによりスムーズな乗降が可能。

関連情報
https://www.honda.co.jp/CR-V/

※記事中のデータ等は2019年4月現在のものです。

(プロフィール)
文/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。