人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

GPレーサーの血統、直4エンジンが男ゴコロをくすぐるオーバー750ccのスズキ「GSXシリーズ」4選

2019.05.02

4月15日に開催されたMotoGP(ロードレース世界選手権)「アメリカズGP」の最高峰クラスで見事優勝を遂げたスズキ。そのレーサーの血を引く直4エンジンを搭載する「GSX」4モデルをご紹介する。

スズキ『GSX-S750 ABS』96万9840円

ストリートでのエキサイトメントを追求すべく、スズキ・スーパースポーツのテクノロジーを惜しみなく投入したモデル。GSX-R750直系のエンジンをストリートやワインディングに合わせて独自にチューニング。低速トルクを高めて扱いやすさを持たせたほか、低燃費も達成している。発進時、低回転時などのエンジン回転の落ち込みを緩和するローRPMアシスト機能を装備。渋滞などの低速走行やUターンの際などの安心感を高めている。

3つのモードからチョイスできるトラクションコントロールを搭載。カットも可能だ。フルLCDインストゥルメントパネルはさまざまな情報を見やすく表示。タコメーターは5つの表示パターンから選択可能となっている。

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750zal9/top

スズキ『GSX-S1000 ABS』113万1840円

低く構えたマッチョなフォルムは狩りをする野獣をイメージ。そのワイルドのままに、145psの高出力を発揮するスーパースポーツGSX-R1000直系エンジンを搭載。ストリート向けにチューニングが施され、滑らかなスロットルレスポンスと力感あふれる加速を両立している。また3モードのトラクションコントロールを装備し、めまぐるしく状況が変化する公道での安心感を向上。ハンドルはレンサル製のテーパー構造ファットバータイプ。

フロントブレーキはブレンボ製ラジアルマウントモノブロックキャリパー。高い制動力を発揮する。輝度調整可能なLCDを採用したインストゥルメントパネルは、各種情報や電子制御のセッティングを分かりやすく表示する。

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs1000yal9/top

スズキ『GSX-S1000F ABS』118万5840円

ハイパフォーマンスなGSX-R1000のエンジンをベースに、ストリート向けに最適チューニング。エンジンマネジメントを徹底することで、排ガス中の有害物質を低減しながら、低中回転域の出力をアップ。刺激的な走りをもたらす。トラクションコントロールはスポーツライディング向け、一般的な路面向け、悪条件向けの3モードからチョイス可能。ウインドプロテクション効果の高いフルカウルで、ハイウェイクルージングを快適にこなす。

専用装備のフルカウルは低くシャープな形状のノーズ部分と前傾したサイドパネルで構成。

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs1000fyal9/top

スズキ『GSX-R1000R ABS』204万1200円

高回転域のパワーアップをもたらす可変バルブシステムSR-VVTや、より正確なバルブコントロールを実現するフィンガーフォロワーバルブトレインなど、MotoGPマシン・GSX-RR直系のテクノロジーをふんだんにフィードバック。一方で、「走る・止まる・曲がる」というバイクとしての素性を徹底的に磨き上げることで、ストリートライディングにも対応する懐の深さを備えている。軽量コンパクトかつシート高も低めで、扱いやすさも有する。

前後サスペンションともにSHOWA製バランスフリータイプ採用。内部ピストンが上下に動く際にピストン上下の油圧をバランス(均等化)させることで、ライダーが路面状況を把握しやすく、旋回時のグリップ性も高まる。

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxr1000ral9/top

文/木村公次郞

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。