人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

125〜250ccクラスでも満足度が高いカワサキの個性派バイク4選

2019.05.06

カワサキというと、大型バイクをイメージする人が多いかもしれないが、実は125cから250ccクラスにも魅力的なバイクがラインナップする。ストリートタイプ、レーサータイプ、デュアルパーパスと個性あふれる4モデルをご紹介する。

カワサキ『Z125 PRO』34万5600円

軽量コンパクトでありながら、倒立式フロントフォーク、オフセットレイダウンリヤショック、前後ペタルディスクブレーキなど走りの装備は本格的。単気筒エンジンは高回転域までスムーズに吹け上がりながら、低燃費も達成している。カワサキZシリーズに共通するアグレッシブなデザインテイストを備え、ギアポジションインジケーターや容量7.4Lの燃料タンク、ふたり乗りしやすい段付きシートなど、利便性の高さも確保している。

シングルヘッドライトはマルチリフレクタータイプでスポーティーさを演出。メーターパネルはアナログ式タコメーターと多機能デジタルLCD液晶ディスプレイの

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z125pro/

カワサキ『Ninja 250』62万9640円〜

250ccスポーツ人気の火付け役として大人気を博したNinja 250R。はNinja 250としてアップデートを重ね続けている最新モデルでは、全方位の煮詰めによりさらに完成度を高めている。パフォーマンスを高めたエンジン、シフトダウン時のバックトルクを最適に逃がすアシスト&スリッパークラッチ、安定性の高さと軽量化を両立するトラス構造のフレームなど、隙のない作りとなっている。シート下収納、荷掛フックなど使い勝手にも配慮。

上位モデルであるNinja H2やZX-10Rのイメージをダイレクトに引き継ぐシャープなスタイリング。低いシート高、アップライトなハンドルポジションにより、アグレッシブなルックスながらライダーフレンドリーな特性だ。

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

カワサキ『Z250』59万7240円

マッチョなシルエットが特徴的。ユニークな形状のタンク、コンパクトなヘッドライトまわり、そしてシャープなテールカウルがカワサキZシリーズ共通のアグレッシブさを感じさせる。並列2気筒エンジンは低中回転域でのトルク感と高回転域でのパワフルな吹け上がりを両立。ストリートランからスポーツライディングまでさまざまな走りに対応する。インストゥルメントパネルはアナログ式タコメーターを中央に配し、スポーツ性能を強調。

タンデムステップステーとテールカウル下部に荷掛けフックを装備し、ツーリング時などの荷物積載に便利に使える。さらにヘルメットホルダーやシート下の二段式収納スペースを備え、日常的な使い勝手のよさにも配慮。

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z250/

カワサキ『VERSYS-X 250 TOURER』68万9040円

快適なツーリングを楽しむために充実な装備をおごる。ロングストロークなフロントフォークとリンク式リヤサスペションの組み合わせは、オンロードでの軽快な走りと、オフロードでの走破性を両立する。スムーズなパワー特性の並列2気筒エンジンは、オフロードで多用する低回転域で粘り強さを発揮。高回転域の十分なパワーがオンロードを楽しませる。パニアケースやエンジンガードなどのアクセサリーを標準で装備する。

アドベンチャースタイルを強調する大型のウィンドシールドは、アッパーカウルとあわさり高いウィンドプロテクション性能を発揮。ロングルーリングでも疲れにくい大面積のタンデムシートと優れた設計によりシート高を815mmに抑えることに成功。

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/versys-x250/

文/木村公次郞

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。