人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.27

ライトウェイトオープンカー対決「124スパイダー」VS「ロードスター」走りが爽快なのはどっち?

爽快な走りのライトウェイトオープンカー対決

【爽快な走りのライトウェイトオープンカー】をテーマにライバルとなるクルマを紹介。クルマは、ライフスタイルの相棒ともなる存在。そんな相棒選びには、数ある選択肢の中から走りを重視したり、デザインで選んだりと、何かと悩ましいもの。

ただそんな、あれこれと比較して迷っている時間も、また楽しいひととき。もちろん、それが妄想の世界でもだ!

アバルト『124スパイダー』 3,986,000円〜

アバルトとは、フィアットのチューニングカーのブランド名。124スパイダーは、マツダとの提携によって、ND型ロードスターをベースとしてフィアットが販売。

さらに、それをチューンアップしたのがアバルト・124スパイダー。ロードスターとプラットフォームなどを共用するものの、フロントとリアのデザインを初代124スパイダーをオマージュした造形とし、全く印象の異なるモデルとなっている。またエンジンはマツダ製ではなく、フィアットの直列4気筒1.4Lターボを搭載。

そのパワーは、最高出力170ps、最大トルク250Nm、0〜100km/h加速は6.8秒となっている。トランスミッションは6速MTと6速ATの2タイプを設定。また、FRのスポーツカーには欠かせない機械式LSDも装備。

関連情報
https://www.abarth.jp/124spider/

マツダ『ロードスター』 2,554,200円〜

FRの2シーターライトウェイトオープンスポーツカーとして、1989年に登場したリトラクタブル・ヘッドライトのユーノス・ロードスターが、世界的に大ヒット。

その4代目となるND型では、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を採用し、「人馬一体」の楽しさを追究。エンジンは、ダウンサイジングされた直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」をフロントミッドシップに搭載し、トランスミッションは、6速MTと6速ATを用意。

ボディには、アルミや高張力鋼板、超高張力鋼板の使用比率を高め、剛性を確保しながら大幅な軽量化を実施。さらに、パワートレインや足回りなどの徹底した軽量化で車両重量990kg〜1,060kgを実現。

関連情報
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/

※記事中のデータ等は2019年4月現在のものです。

(プロフィール)
文/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)
クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。