人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SL、流氷、いつか乗りたい北海道を満喫するイベント列車「SL冬の湿原号」と「流氷物語」

2019.05.04

凍てつく寒さを力走する、鉄道の姿に憧れる人は多いはず。ここでは、冬の北海道を彩るイベント列車をご紹介する。

SL冬の湿原号

道東冬の風物詩は1月〜2月に運転される「SL冬の湿原号」だ。釧路と標茶の間をC11 171号機が5両の客車を牽引して1往復運転される。標茶駅にSLの向きを変える「転車台」がない関係で、釧路行きではSLが反対を向いて客車を牽引する。運が良ければ車窓から天然記念物のタンチョウの姿が見えるかも!?

2号車にはカフェカーが連結されており、車内販売カウンターがある。また、車内にはダルマストーブがあり、車内販売で購入したスルメをあぶって食べることができる!

流氷物語

オホーツク冬の風物詩、流氷を列車旅で満喫するならこの「流氷物語」だ。2019年は2月2日から3月3日まで釧網本線網走〜知床斜里間を2往復、毎日運転された。

展望台がある北浜はオホーツク海に一番近い駅として大人気。駅舎内にはレストランもある。流氷物語1・3号では北浜駅に10分停車し、展望台が楽しめた。2・4号は道の駅がある浜小清水駅に20分停車した。

撮影・取材・文/村上悠太
※画像の無断転載を禁じます
※データは2018年12月現在です

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。