人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.04

え、真っ黒なテントも!?グッドルッキングなテント、タープ、シェルターの新作6選

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

個性的なデザインで自慢したくなる幕体(テント、タープ、シェルター)がこの春、続々と登場している。アウトドアにベストなシーズンが到来した今、いち早く手に入れるべくご紹介したい。

「GOOD OPEN AIRS 2019」で最新の幕体をチェック!

4月13〜14日、神奈川・宮ヶ瀬ダムでアウトドア専門店GOOD OPEN AIRS myXのイベント「GOOD OPEN AIRS 2019」が開催された。1店舗の屋外イベントではあるが協力ブランドは90店舗。お得なイベント価格での販売だけでなく、新作や話題作を体験できる人気イベントで、レアアイテムが見つかるチャンスでもある。

muraco ZIZ 5P

14万8000円
https://www.muracodesigns.com

埼玉県に居を構えるmuracoは、たしかな品質とモノトーンにこだわる注目ブランド。これまでコンパクトなテントは販売していたが、2019年は待望の2ルームテント「ZIZ 5P」が発売されるという。

muracoらしいオールブラックは遮光効果が非常に高く、テント内は驚くほど涼しい。

メインのクロスフレームで自立するので、あとは前後にサブフレームを差し込み、広い居住空間を確保する。前後対称デザインなので、別売のインナーテントを取り付けると2つのベッドルームを構築できる。

インナーテントは吊り下げ式なので、雨の日に先にたたむことができる。また、デイキャンプではインナーテントを使わずシェルターとして利用してもいい。インナーテントの前後ドアは大きなD型なので、メッシュにすれば風通しは十分だ。

前後のドアパネルは二重になっており、広げるとキャノピーになる。もちろんメッシュ窓も付いている。中央にあるサイドのパネルも跳ね上げられるので、タープなしでも広くリビングを確保できそうだ。夏発売が楽しみ!

ユニフレーム「逆輸入シェルター」

https://www.uniflame.co.jp 

ユニフレームはちょっと珍しいシェルターを用意。基本はウイングタープだが、虫よけのメッシュと風よけのパネルが一体型となっており寒い日は全閉して風を防ぐことができるのだ。

ユニフレームはブルーのイメージだが、赤いロゴなのも珍しい。

メインポールはクロスポールのため、設営は非常に楽で、出入りも簡単。

天井に取り付け、結露防止や遮熱に役立つライナーシートが付属。全面に張ることも、写真のように片面のみ張ることも可能だ。

じつは、これは韓国向けの逆輸入アイテムで、日本で手に入るのは神奈川のGOOD OPEN AIRS MyXと新潟のパーマークだけ。説明書が韓国語のみで、日本語で記されていないため日本で全国的に販売するのは難しい。そのため、現在のところは上記2店舗で、スタッフの説明を受けられる人だけが手に入るという仕組みだそうだ。

ヘリノックス「Tac.フィールド6.0」

12万8000円
https://www.helinox.co.jp

ヘリノックスは、軽量コンパクトなのに座り心地がいいチェアワンで世界のキャンプシーンを塗り替えた人気ブランドだ。

近年はタクティカルシリーズのシェルターが話題となっている。
Tac.フィールド6.0がそのひとつ。通常のシェルターは直線的なポールを使って幕体を持ち上げており、床面積は広くてもどうしても視線のあたりは狭くなるので圧迫感を感じるものだ。

ところがTac.フィールド6.0は十字架のようなクロスポールを用いることで、ロッジ型テントのように広い空間を生み出している。
ソロやカップルならひとまわり小さくてY型ポールを用いた「Tac.フィールド4.0」(7万円)もある。

アウトサイドイン「タープ」(受注生産)×「Tabi Nobi Tentpole」

S2本セット1万円、L2本セット1万5000円
http://outsidein.thebase.in

新潟・三条市にあるメーカーで、ぬくもりのある木製品が得意なアウトサイドイン。受注生産のカラフルな撥水生地製タープを支えていたのは「Tabi Nobi Tentpole」だ。

ただの角材に見えるが、ジョイント金具の内側は木材が斜めにカットされている。これによりガッチリ接続でき、耐風性の高いポールとなっている。Lは3本継ぎで、中央の1本を取り除くとSと同じ長さになる。

ナチュラルな雰囲気のサイト作りが好きで、耐風性もあきらめたくない人は手に入れておきたいポールだ。

アウトサイドインでは、木製で非常に軽量な「Tabi Chibi Chair」(2万9000円〜)も展示しており、木の持つあたたかなサイトを提案。ワンアクションでたため、さらに金具を取ると細くたたむことができるのでキャンプでも自宅でも使える。細めのフレームだが加重を分散する構造になっており、なんと体重100kgの人が座っても問題なし!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。