小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外はカリカリ、中はモチモチ!なぜアラジンの「グラファイトトースター」は理想的なトーストが焼けるのか?

2019.04.26

0.2秒で発熱!短時間&高温だから外カリ中モチのおいしいトーストが焼けるのが「グラファイトトースター」。

今回、4枚焼き『グラファイト グリル&トースター』の発売をきっかけに、多くの購入者から「4枚焼き(AGT-G13A)のように2枚焼きも焼き網が取り外せたら…」「つまみがもう少し回しやすくなったら…」といった要望を多かったことで新モデルが登場した。

グラファイトトースターから新モデルが登場

グラファイトトースターの「遠赤グラファイト」がわずか0.2秒で発熱し、庫内の温度を高くする。また、高温で一気に焼き上げることで、外はカリッと、中は水分が残っているのでモチモチのトーストを焼ける。さらに、トーストの表面はもちろんのこと、内部の温度も高くなることで甘味が増す。早く熱く調理することが、よりおいしいトーストを作る秘訣だ。

「遠赤グラファイト」とは、千石の特許技術で、ポリイミドシートをグラファイト結晶化した素材。熱伝導率は鉄の約10倍、遠赤外線量は同社カーボンの1.2倍といった特性をもち、アラジンブランドの暖房機「グラファイトヒーター」として既に展開している。この独自技術を駆使して開発したのが『アラジン グラファイトトースター』だ。

焼き網の左右と中央部分の幅を変え、裏面の焼き性能にもこだわった。中央部分の幅を狭くすることで、食パンの裏面が焼けすぎるのを防ぎ、焼き目にムラがない、よりおいしいトーストを実現した。

関連情報/https://aladdin-aic.com/
構成/ino

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。