人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大型連休を家族と有意義に過ごすヒント

2019.04.25

今年のゴールデンウィークには、何日休みを取得しているだろうか? 最大10連休とあり、例年よりも多く休みが取れる人は多いかもしれない。そこで今回は、そんないつもより長めの連休をより有意義に過ごすための一つの案として、家族サービスの方法を識者にインタビューして紹介する。

旅行は2割、ほとんどが自宅で過ごす予定

マクロミルが行った2019年のゴールデンウィークに関する調査によると、10連休の休みを取る人は全体の42.6%という結果となった。

10連休となれば旅行に行く予定の人が多いようなイメージがあるが、今年のゴールデンウィーク中の予定のベスト3は、1位「買い物に行く」47%、2位「睡眠をたっぷりとる」46%、3位「テレビやDVDを観る」29%となっており、遠出はしない傾向が見られた。むしろ自宅で過ごす人が多いようだ。実際、「国内旅行(泊まり)」は20%、海外旅行は3%となっていた。

大型連休に家族との時間を有意義に過ごすアイデア

多くの人が自宅で過ごす時間が多いとみられる今年の10連休。家族と一緒に過ごす時間もあるだろう。そこで、家族との時間を有意義に過ごすアイデアをチェックしておこう。

3児を持つ「片付けパパ」として知られる大村信夫さんは、次の3つを挙げる。

1.あえて普段と変わらない日を過ごす

「大型連休はおでかけや旅行を計画している方もいると思いますが、家族関係をより強化したいと思うのであれば、あえて『普段と変わらない』日を過ごすことをおすすめします。なぜなら、親が普段よりも時間があるからです。朝早く起きて、夜は早く寝る。その上で何気なく過ごすことで、自然と家族のコミュニケーションが深まると思います」

2.早寝早起きのリズムを整える

「平日、親が外で働いていると、それにつられて子どもの寝る時間が遅くなりがちです。そうした家庭であれば、大型連休は子どもの生活リズムを理想に近づけるチャンスです。親も仕事が休みですので、子どもの早寝早起きに合わせることが可能です。連休中にリズムを整え、連休後も維持できるようにしたいですね」

3.夫婦だけでデートしてみる

「普段はお互いに頑張り合っていて、面と向かっては慰労できていない夫婦は、夫婦水入らずの時間を作ることがポイントです。子どもは実家に預け、夫婦だけでデートをしてみるなどしてみてはいかがでしょうか。『あなたを大切に思っている』という気持ちを表し、お互いがかけがえのない存在であることを改めて確かめると、家族関係はぐっと良好になると思います」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。