人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.26

ゴールデンウィークに間に合う「得」ネタ!今、旅で楽しむべきは〝ホテル宿泊者限定〟の文化体験

現在、好評発売中の『DIME』6月号、DIME SPECIAL 2「いつか泊まりたい! NIPPON NEW HOTEL 33」では、ここ半年以内にオープンした&オープンが待たれるホテルの最新情報を掲載。@DIMEでは今回の取材で本誌誌面ではお伝えできなかった情報を何回かにわけて紹介する。

京都を中心にこの数年じわじわと増えているのが、ホテルの宿泊者のためだけにホテルが企画する、少人数制の文化体験や観光体験プログラムだ。普段は非公開の庭園や寺社の拝観、食体験といった特別な文化体験ができるため、それを目的として京都を訪れ、宿泊する国内外のリピーターも少なくない。GWから夏にかけての魅力的なプランをホテルの紹介とともに挙げてみよう。

京都・烏丸御池
『MOGANA』

京都・烏丸御池駅から徒歩数分、二条城にほど近い場所に2018年12月7日にオープンしたスモールラグジュアリーホテル『MOGANA』。旅好きのオーナーが「自分たちが泊まってみたい宿」を具現化したホテルで、館全体のデザインから客室の広さ、インテリア・しつらいなどのハードから、アメニティーやおもてなし、サービスといったソフト面まで、そのこだわりはかなりのものだ。

石や金属などの素材感が印象的な客室は6タイプ、23室。館全体が京都の町屋建築を現代的に再構築したデザインだ。

「デラックスルーム」。作り付けの家具は日本の職人によるオリジナル。

アメニティー類もオーナーの審美眼にかなったものだけ。例えば、歯科医師監修で柄にはオリジナルのデザインを配した歯ブラシや、意識の高い女性に支持の高いスキンケアブランド『SHIGETA』の世界初のアメニティーなどが用意されている。

なお、「京都の美味しいものを京都の街にある食事処やレストランで味わって欲しい」というオーナーの意向もあってレストランはなく夕食は提供されないが、朝ご飯はルームサービスで届く。これがとても魅力的だ。

古くから京都の御食国(みけつくに)のひとつ、いわゆる食材の供給地であった淡路島の魚介や野菜をふんだんに取り入れ、ひとつひとつ丁寧に仕込まれた料理がワンプレートに盛り付けられている。使われている食器は同じく肥沃な淡路の土で作られたオリジナル。

味の濃い野菜がたっぷり。取材時はパン好き垂涎の京都の『吉田パン』のパンを使ったタルティーヌが3種! ※内容は日替わり。

そして、宿泊者限定の特別な文化体験「MOGANA Experience」を不定期で開催している。

GW中の2019年5月2日~6日は、淡路島の新進気鋭の日本料理店『緒乃』が淡路島の旬の食材を持ち込んで『MOGANA』のゲストのためだけに料理をふるまう企画が予定されている。淡路島という少し行きにくい場所にありながらも、遠方から客が訪れる人気店の味覚を5日間、夜限定で味わえる絶好の機会だ。料理人、小野孝太氏の料理と料理に合わせてセレクトするワインや日本酒も一緒に楽しめる。

淡路島特産のはもや由良うに、タコやアナゴなどの食材を予定。※画像はイメージ。2019年5月2日~6日の5日間限定。1名2万円(税込み、宿泊料金別)。

カウンター6席のみの限定。17:30~、20:00~の2部制。

なお、今後の「MOGANA Experience」は、季節ごとの京都の美しさを存分に愉しめるような企画を予定。情報はホームページで随時アップされる。

【DATA】
『MOGANA』
京都府京都市中京区小川通御池下る壺屋町450
電話:075・606・5281
https://yadomogana.com/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。