人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブロックチェーン技術を支える「マイニング」って何?

2019.05.07

<ビジネスマンのためのテックトレンド事始め>
第3回「ブロックチェーンを支えるマイニングって何?」

次世代のデジタルな通貨として期待されている仮想通貨(暗号通貨)や、自動契約によって取引のスピードを加速するスマートコントラクト。

これらの技術は、取引データをブロックごとにチェーン状につなぎ合わせて保存するブロックチェーン・テクノロジーによって実現されています。

今回はブロックチェーン技術を支えるマイニングの仕組みについてご紹介します。

仮想通貨を掘り出すマイニングとは

ブロックチェーン用語の「マイニング」は英語のMine=採掘が元になっています。マイニングをする人のことをマイナーと呼びます。

人気ゲームMinecraftでも使われているように、地球深くからツルハシで鉱石を掘り出すイメージですが、ブロックチェーンのマイナーはどこから何を掘り出しているのでしょうか。

ブロックチェーンでは、送金などの取引データ=トランザクションの集まりを、一つの「ブロック」として保存しています。一定時間ごとに既存のブロックを「承認」することでブロックを確定し、次の取引を記録するための新たなブロックを生成します。

古いブロックの承認と新たなブロックの生成作業が行われる際、世界に一つだけの特別な値が使われます。この特別な値を膨大な候補の中から計算を繰り返して見つけ出す作業が、ブロックチェーンにおける採掘=マイニングです。

仮想通貨でも代表的なビットコイン等では、この特別な値の条件に合う値を世界で一番早く見つけた人が、そのブロックの承認手数料とブロック生成報酬として仮想通貨を入手できる仕組みとなっています。

さらに、この値は過去のブロックから引き継がれてきた計算結果と一致している必要があります。

そのため、誰かが故意にブロックチェーンに書き込まれた過去のトランザクションを改ざんするためには、過去にさかのぼって全ての値の計算を一人でやりなおす必要があります。この作業は計算量的に現実的ではなく、通常のマイニングでも報酬が得られる仕組みとなっているため、ブロックチェーンが改ざんに強い根拠とされています。

ビットコインの場合、2019年4月現在で12.5BTCを報酬として入手することができます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。