人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アラフォーでも、グー!名ばかり管理職なので、あなたとは違うんです!プレイバック平成20年(2008年)

2019.05.04

まさかのあの遅咲き女性芸人が、年間大賞を受賞!平成二十年の流行語大賞は…!

 その年の、話題になった新語・流行語が表彰される、「新語・流行語大賞」。

 平成二十年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞したのは・・・・!

「アラフォー」「グ~!」です!

「アラフォー」とは、恐らく、「Around Forty Age(四十歳前後)」の「Around」の「アラ」と、40を表す「Forty」のフォーの発音を合成した造語と思われます。「アラフォー」の言葉は、大女優の天海祐希さん主演のドラマ、「Around40」が大ヒットしたことで、広く世間一般に知られることとなりました。このドラマのヒットを受けてか、このあと、40歳前後をターゲットにした様々な商品が開発、発売され、人気を博しました。ちなみに、アラフォーの悲哀は、まんがやドラマのテーマとして普遍性があるため、最近では、超人気有名漫画家、東村アキコ先生の「東京タラレバ娘」でも、主題として取り上げられており、多くの読者の共感を得ています。ただし、タラレバ娘の登場人物の年齢層は、三十代前半ですので、アラフォーが流行(はや)った時代からは、更に対象年齢が下がってきているようです。いずれ20代や10代の女性の悲哀が描かれる時代が来るのかもしれません。

「グ~!」は、正にアラフォーの星ともいうべき、元・コンピューターインストラクターとマナー講師をされていた、遅咲き・お笑いタレントの「エド・はるみ」さんの、必笑のギャグです。芸の流れとしては、まずは、スーツに身を固めた講師風のいでたちで、何らかの講義を始めるのですが、講義中、相手を刺激させるような言葉を話したと同時に、親指を、指圧のポーズのように前方に突き出して、「グ~!」と、口をすぼめながら変顔をして絶叫します。これが笑いに変わり、場内大爆笑となる案配です。

 一世を風靡したエド・はるみさんは、その後、24時間テレビのランナーとして活躍され、なんと当時の女性ランナーとしては最長の、113kmを走り抜きました。凄い体力ですね!

 その後、慶應義塾大学大学院のシステムデザイン・マネジメント研究科の修士課程に合格して、2018年には同課程を修了して、修士号を取得されたという、頑張り屋さんです。

 そのほかの、流行語大賞の入賞作は・・・!

●上野の413球…北京オリンピックでの女子ソフトボールの上野由岐子投手が、準決勝で、一人で413球も投げて、金メダルに貢献しました。一部の新聞紙では、「神様、仏様、稲尾様」のフレーズに例えて、「神様、仏様。上野様」という見出しが躍ったとか。
●居酒屋タクシー…霞ヶ関のお役人は、仕事が遅くなると、タクシーを使って帰ります。流れのタクシーを捕まえることはまずありませんので、基本的には電話で配車を依頼します。タクシーの運転手は、毎回、指名してくれれば、売り上げアップで大助かりになりますので、ついついお客さんに、今後も指名してくれるように、何か喜んでももらえることはないか、と考えてしまうようになりました。今回の事件では、運転手からビールやおつまみ、厳禁や金券が渡されて、乗客のお役人がそれを受け取ってしまった、ということで大騒ぎになりました。なんと、結果的に、17省庁、約1400人が、こういったものを受け取ったとのこと。
●蟹工船・・・昭和4年に発表された、小林多喜二さん著でプロレタリア文学(労働者がいじめられる話)の名作、「蟹工船」。蟹工船に乗船した人たちの苦労が描かれています。ところで、現在の派遣労働者とか、アルバイトの労働環境も、蟹工船の状況と似たようなもんじゃあ~りません?ということで、再び話題となり、みごと流行語大賞に入賞しました。
●ゲリラ豪雨・・大雨が降ることです。天気予報でもなかなか予測できないにもかかわらず、被害甚大なので、今でも悩ましい雨です。
●後期高齢者…医療制度が改革され、国が、75歳以上の高齢者をこう呼ぶことにしました。年金から保険料が天引きされるようになったり、医療費の負担が増えたり、と、該当する高齢者からの評判は、タイヘン宜(よろ)しくありませんでした。今後も、後期高齢者の負担は、ますます増えていくと思われます。

●あなたとは違うんです…当時の福田康夫首相が、退陣表明時の記者からの失礼な質問に、思わず答えてしまったときのコトバです。正確には、「一般に、総理の会見が、国民には他人事のように聞こえるという風な話が、よく聞かれておりました。今日の退陣会見を聞いても、やはり率直にそのように印象を持つのです。」との質問に対して、「他人(たにん)事のように、という風に、貴方は仰いましたけれども、私は自分自身を、客観的に見ることはできるんです。あなたと違うんです。そういうことも併せ考えていただきたい。」という回答をしましたので、全体を見ますと、さほど問題発言のようにも見えないのですが、「あなたとは違うんです。」という箇所が、とってもキャッチーで、何だか凄く偉そうに聞こえましたので、世間のひとびとの反発を浴びてしまい、流行語大賞に選ばれてしまいました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。