人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

品格あるイナバウアーはエロカッコイイ!プレイバック平成18年(2006年)

2019.05.03

たらこ・たらこ・たらこが大流行!平成十八年の流行語大賞は…!

 その年の、話題になった新語・流行語が表彰される、「新語・流行語大賞」。平成十八年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞したのは・・・・!

「イナバウアー」「品格」です!

「イナバウアー」とは、1950年にイナ・バウアー選手が開発しました。足を前後に開いて、つま先を180度開いて、真横に滑ります。2006年のトリノオリンピックでは、この技が得意な荒川静香選手が、試合で披露して、金メダルと流行語大賞の年間大賞の両方を獲得しました。ちなみに、イナバウアーの定義的には、体を反らすことについては、特に関係ないんだそうです。

「品格」は、数学者の藤原正彦さん著「国家の品格」のタイトルから来ています。品格がないと、品がなくて、良くありませんので、もっとみんな、品格を持ちましょうよ、という内容です。特に国家として品格を持つのは大切ですよ、というワケです。

 そのほかの、流行語大賞の入賞作は・・・!

●エロカッコイイ(エロカワイイ)…ほぼ、裸んぼの格好(ボンテージや下着など)で登場して歌を歌い、世の男性の目を白黒させた、倖田來未さんが受賞されました。
●格差社会…今まで、国民のほとんどが、自分自身を中流家庭と思い込んでいたのですが、実際は、所得格差や、教育格差は歴然と存在して、上流と下流が結構居た、ということがバレてしまいました。格差社会になったのは小泉内閣のせいだ、と考える人もいたようです。
●シンジラレナ~イ・・・カワイイ女の子の発言が流行語大賞を取ったのかと思いましたが、実際は、2006年のパ・リーグを制した、日本ハムファイターズのヒルマン監督が優勝した際に絶叫したコトバです。オッさんの発言だったなんて、シンジラレナ~イ!
●たらこ・たらこ・たらこ…流行語大賞の授賞式には、CMの歌を歌ったキグルミが登壇しました。キグルミといっても実際のキグルミではありません。歌を歌った小学生ユニットの名前です。今はどこへ行ってしまったんでしょうね。
●脳トレ・・・筋肉をトレーニングするかわりに、脳みそをトレーニングすることです。カンタンな計算をしたり、音読するのが有効だそうです。
●ハンカチ王子・・2006年の夏の甲子園で大活躍した、早稲田実業の斎藤佑樹選手が、試合中に、ニシオ株式会社が製造・販売していた「GIUSEPPE FRASSON(ジョゼッペ・フラッソン)」というブランドの青いハンカチで汗をふいたことが話題になり、この度の受賞に至りました。
●ミクシィ…一大ブームを巻き起こしたSNS(ソーシャルネットワークサービス)のサービス名、および社名です。社長さんが受賞式に招かれました。その後、2013年に、ゲームアプリ「モンスターストライク」の提供とサービスを開始。これまた大ヒットしました。
●メタボリックシンドローム(メタボ)…お腹(なか)の肉が、ブヨブヨな人のことを指します。代謝症候群、内臓脂肪症候群とも呼ばれます。ウェストが男性は85cm、女性は90cm以上だとメタボです。もちろん筆者は、軽く基準をクリアしています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。