人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収、ギャラ交渉、経験値、変革型、フリーランスという働き方の理想形とは?

2019.05.06

日本でもフリーランスという働き方を選択する人が増えているというが、実際はどうなのか。関連記事を@DIME記事の中から厳選して紹介する。

フリーランスという働き方

会社員の経験が浅い人がフリーランスになると行き詰まる理由

この原稿を書く数日前、フリーランスの編集者からメールを受け取った。6月末で廃業し、編集プロダクションの正社員になるという。この編集者は24歳で小さな出版社を退職し、フリーの編集者になった。会社員の経験はわずか2年。その後、5年間、フリーだった。本人から聞く限りでは、年収は200~250万円だったようだ。今後の生活のめどが立たないこともあり、編集プロダクションの正社員になるのだそうだ。

【参考】https://dime.jp/genre/564396/

損をしないフリーランスのギャラ交渉のコツと5つの注意点

フリーランスには、仕事を受ける企業とのギャラ交渉の機会がしばしば訪れる。しかし正直、ギャラ交渉が苦手という人もいるかもしれない。そこでフリーランスにとってのギャラ交渉の必要性や、ギャラ交渉のコツ、注意点などを一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 事務局の宮本聡氏に聞いてみた。

【参考】https://dime.jp/genre/550297/

フリーランスの年収は職種によってどれくらい違うのか?

フリーランス協会は、同協会の一般会員およびメルマガ会員、SNSフォロワーに対し、フリーランスの実態調査を実施し、1141名の有効回答を得た。また、1000名の会社員の実態およびパラレルキャリア(副業や複業)への関心や課題を調査した(調査機関:株式会社電通マクロミルインサイト)。両調査の結果を「プロフェッショナルな働き方・フリーランス白書2018」としてまとめ、公表したので詳細を見ていきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/540391/

最近のフリーランスに関する報道について思うこと

今回は、フリーランスについて考えたい。最近、働き方改革が進むにつれて、あらためて注目されている。一部のビジネス雑誌や経済雑誌、若い層を読者層に抱えるニュースサイトなどが、フリーランスを「第3の生き方」などと称える。それらの報道によると、「フリーランスは会社員でもなく、労働組合の組合員でもなく、新時代を切り開くパイオニアなのだ」という。確かに、ITや翻訳・通訳などの分野を中心に、組織に属さず、個人で活動する事業形態、つまり、フリーランスが存在していることは事実である。その数が増えていることも事実なのだろう。

【参考】https://dime.jp/genre/535988/

新しいワークスタイル「変革型フリーランス」は浸透するか?

副業やパラレルワークなどの複数のキャリアを持って働くスタイルに注目が集まる中、どの会社や組織にも所属しないフリーランスという働き方が、改めて脚光を浴びている。そして新時代のフリーランスは、また新しい形を実現するようだ。その「変革型フリーランス」という新しいフリーランスを定義した株式会社Warisにその内容を聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/528459/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。