人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

花屋の店先に並んだ、毒まんじゅうは何でだろう?プレイバック平成15年(2003年)

2019.05.01

キャ~!カワイイ!平成十五年の流行語大賞は…!

 その年の、話題になった新語・流行語が表彰される、「新語・流行語大賞」。

 平成十五年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞したのは・・・・!

「毒まんじゅう」「なんでだろう~」「マニフェスト」です!

「毒まんじゅう」は、2003年の自民党総裁選において、橋本派の村岡兼造さんが、森派の小泉純一郎さんを支持したことで、野中広務さんが、村岡さんに対して、「毒まんじゅうを食らったのではないか」と発言したのがきっかけです。もちろん、村岡さんは、「私は毒まんじゅうなんか食べていません。食べたら死にます。」と言って反論しました。その後、特に毒死した様子はありませんので、物理的には、毒まんじゅうは食べていないものと思われます。

「なんでだろう~」は、お笑いコンビの「テツandトモ」の芸の一つです。漫談を行う際、トモがギターを弾く曲や歌に合わせて、テツが変顔をして、妙な踊りを踊り、日常の疑問点を「なんでだろ~」で問いかけて、その回答を、面白おかしく答えることで会場を賑わす芸を確立させて、人気を得ました。

「マニフェスト」は、日本語でいえば、単に「選挙公約・声明文・宣言書」なのですが、この時期、格好付けて、英語で呼ぶ人が現れるようになりました。最初は何のこっちゃやら、よく分かりませんでした。

そのほかの、流行語大賞の入賞作は・・・!

●勝ちたいんや!…当時、阪神タイガーズの監督だった、星野仙一さんの名言です。そのおかげで、それまでペナントレースで最下位だった阪神が、ついにリーグ優勝しました。
●コメ泥棒…冷夏による不作で、コメが泥棒されるようになりました。
●SARS・・・重症急性呼吸器症候群(Severe Acute Respiratory Syndrome)。ウィルスによって罹患(りかん)すると、熱と咳(せき)と呼吸困難で、重傷化しますと、場合によっては死にます。怖いですね!
●バカの壁・・・そもそもは、養老孟司(東京大学名誉教授で、解剖学者。)先生の名著「バカの壁」が、そのセンセーショナルなタイトルで大いに話題になり、大ヒットしたのですが、その後もタイトルに「バカ」がつく本の出版が相次ぎ、空前のバカブームとなり、いずれも大ヒットしました。

●へぇ~…フジテレビの人気番組「トリビアの泉」にて、高橋克実さんと八嶋智人さんが、番組中、ためになる豆知識を紹介しますと、出演者が、席に設置してあるボタンを連打します。するとなんと!「へぇ~」という音声が流れ、背後の電飾の表示が変化して、驚き度が数値化される、という画期的なシステムが採用されて、人気を博しました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。