人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件も!オリックスの優勝に勇気づけられたプレイバック平成7年(1995年)

2019.04.27

もうそんなに時間がたったのですか!平成七年の流行語大賞は「無党派」「NOMO」「がんばろうKOBE」です!

 毎年、話題になった新語・流行語を勝手に表彰してしまう、「新語・流行語大賞」。

 平成七年の「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞したのは・・・・!

「無党派」「NOMO」「がんばろうKOBE」です!

「無党派」は、「スーダラ節」の作詞で有名な青島幸男氏が、東京都知事選で当選してしまい、その結果、東京都知事になってしまったのが平成六年。(ちなみに大阪府知事選は横山ノック氏が当選しました。その後辞めました。)それまでの選挙というものは、それぞれの政党に所属する候補者が、それぞれの政党の応援を受け、それぞれの政党の支持者が投票を行い、それぞれの投票の結果によって選挙の勝敗が決まっていたのが、それぞれアタリマエの時代だったのですが、このときの青島幸男氏は、なんと無所属でした。

 ようするに、支持政党を持たない、ある意味政治的関心が低~い?有権者たちの「政党が推薦する候補に投票するのも何だかなー。まあ無所属の候補にでも投票しておくかー。」みたいな感覚で、気がついたら無所属の候補がうっかり当選してしまう時代に突入したのです。

 そこで、これからの時代は、いかに、いわゆる「無党派層(無所属なので党に属していない候補に、投票しちゃう人たち)」の心に、ズッキーンと印象を残す選挙戦を繰り広げるのが、とてに大切なのか、と、政治家の人たちがいろいろと考えるようになったため、ここでめでたく「無党派」が大賞に選ばれました。

 次に「NOMO」ですが、それまで日本のプロ野球で大活躍していた、「野茂英雄」選手が、単身大リーグに挑戦し、見事大活躍した年でもありました。今でこそ、日本の球界である程度実績を残した選手が、大リーグに移籍してプレイするのは、そう珍しくなくはなりましたが、当時は「大リーグに挑戦します!」と公言しただけでも「無茶だろ」「辞めときなさい」「超ワロス」と冷笑される時代で、余りに無謀だという声も、自らの信念のもと、見事はねのけて大リーグに挑戦し、立派な結果を残しました。

 野茂選手の活躍を受け、その後どんどん日本の野球選手は、大リーグに挑戦するようになりました。何にせよ、その最初のきっかけをつくった野茂選手は超偉大なのですから、流行語大賞に選ばれるのも当然なのです。

「がんばろうKOBE」は、この年発生した、阪神・淡路大震災で大被害を受けた神戸を拠点とするプロ野球団「オリックス・ブルーウェーブ(当時の球団名)」が、地震の被害で落ち込んでいる地元の皆さんに、なんとか勇気を与えたい、という一心で「がんばろうKOBE」をスローガンに大奮闘。ついにリーグ優勝を果たしてしまいました。選手たちの奮闘に、神戸市民がどれだけ勇気づけられたことでしょうか。大賞取るのも当然ですね!阪神・淡路大震災については、後ほどもうちょっと詳しくお話します。

参考:https://www.buffaloes.co.jp/pc/special/kobe/concept.html

当時画期的だったキャンピング仕様のミニバン登場!「平成」七年のDIMEトレンド大賞は、マツダ「ボンゴフレンディ」/オートラマ「フォード・フリーダ」!

 栄光ある、平成七年の「DIMEトレンド大賞」を受賞したのは……!

 マツダ「ボンゴフレンディ」/オートラマ「フォード・フリーダ」です!

 マツダ「ボンゴフレンディ」は、マツダが発売していたミニバン(車高が高くて、車長も長い、大きめな自動車)ですが、今の視点から見ると、ぱっと見、特に何の変哲もない、いわゆるミニバンにしか見えません。

 ボンゴフレンディの最大の特徴は、天井部分のルーフが、電動でウィーンと持ち上がる、「オートフリップ」機構を採用したこと。車の屋根に、いわゆるキャンプのテントが出来上がり、そこで寝ることができます。ようするに、キャンプをするのに、ボンゴフレンディ1台さえあれば、テントを別に持っていく必要が無くなったのです。これはベンリ!今でこそ、オートキャンプは一般的になりましたが、この当時はこのコンセプトはとても画期的でした。正直、欲しかったです!オートキャンプはいつかはやってみたいと思いながら、はや三十年。結局、いまだ実現していません。今ならトイレ・シャワー付きの、キャブコン(トラックベース)のキャンピングカーが欲しいです。(オートラマ「フォード・フリーダ」は、兄弟車なので、ほぼボンゴフレンディです。)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。