人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

専門家がアドバイス!仕事のスキルアップを図って大型連休を有意義に過ごすヒント

2019.04.30

今年のゴールデンウィークは最大10連休。いつもより長く休みを取れるビジネスパーソンも多いだろう。そこで、貴重な休み期間を有意義に過ごす方法をご紹介! 今回は、ビジネス講師に連休中にスキルアップをする方法を聞いて紹介する。

大型連休中におすすめのスキルアップ方法

今回話を聞いたのは、ビジネスと心理学を融合させたビジネス研修を行う講師の吉田こうじさん。大型連休を利用して自己啓発・スキルアップする、おすすめの方法を聞いた。

1.基本的な本を大量に読みあさる

「長期連休を使って、普段なかなかじっくり読むことができない、難解な本にチャレンジしようとする人は少なくないと思います。ですが、難解な本になればなるほど『基礎情報』が大切。

おすすめするのは、チャレンジしようとしている難解な本に関連する『基礎的な本』を、連休を使ってたくさん読んでおくことです。

最初から難解な本を読もうとすると『これってどういう意味なんだろう?』という言葉に遭遇します。こうしたことが何度か続くうちに、読書に対する集中度が低下し、結局、読みきれなかったという結果に。

初級的な本を数冊購入したら、まずはそれらを読むことで基礎知識を頭にインプットしておきましょう。ある程度の基礎知識が蓄積されたと思ったら、次にメインの本を読んでみる。すると、普段なら悪戦苦闘しながら数時間以上かかって読み終えていたような本でも、驚くほど中身を理解しながら短時間で読めてしまう自分がいることに気づけると思います」

2.「無料体験会」に参加しまくる

「長期休暇を利用してセミナーに参加し、自己啓発に取り組もうとする、意識高い系のビジネスパーソンは少なくないでしょう。そんな方は、最初から高額なセミナーに絞り込んで参加するのではなく、まずは無料体験会に数多く足を運んでみることをおすすめします。

過去、年間数十講座に参加していた、セミナージプシーだった私自身の経験から言うと、アマゾンで千円程度の本を買っても手に入れられる情報を、万単位の受講料をとってセミナーで教えていることは意外と多いのです。

即決で受講してしまうと、自分にとって価値のないものに飛びつくことになり、後々後悔することも。じっくりと探す時間のある連休中こそ、興味のある分野に関するセミナーの無料体験会や説明会に手当たり次第参加して、参加者の質をチェックしてみたり、講師にあなたの疑問をどんどん質問してみたりしましょう。それによって、そのセミナーに本当にお金と時間をかける価値があるかどうか判断ができるはずです」

ビジネス講師が実践した大型連休中のスキルアップ術

続いては実践編。吉田さんが自己啓発やスキルアップのために大型連休中に行い、実りがあった方法を3つ教えてもらった。

1.価値観の洗い出しと優先順位づけ

●やろうと思った理由

「日々、目の前のやるべきことに追われ、本当に大切にしたいことが置き去りにされてしまいがちでした。ふと一年を振り返ると満足感や幸福感を感じることが少ないと感じていたため、行いました」

●やるメリット

「その場のノリや思いつきではなく、自分の価値観に基づき、どんな分野を、なんのためにスキルアップをするのか?といった、明確な動機づけがなされるため、具体的な行動を起こしやすくなります。その結果、『やってよかった!』といった達成感や満足感を深いレベルで実感できるため、さらなる成長に向けて次のアクションを起こしやすくなります」

●やり方

【STEP1】
人生の主要なテーマである「健康面、感情面、友人関係、家族(夫婦・親子)関係、時間管理、仕事(キャリア)、経済状態、お金の使い方、趣味」の9つの分野について、満足を10点として直感的に採点する。

【STEP2】
改善したいと思えるいくつかの分野について、本当に大切にしたい価値基準を洗い出し、優先順位ベスト3を決める。

(例)何に自分の時間を使うか?(時間管理)

1位:ビジネスの成長に役立つこと
(読書・セミナー)

2位:家族サービスのためのこと
(家事手伝い、小旅行、家族とのコミュニケーション)

3位:人脈開拓のためのこと
(異業種交流会、社会人サークルへの参加)

【STEP3】
決定した優先順位に基づき、実際に行動する

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。