人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

働き盛りの40代こそ要注意! この時期「男性更年期障害」のリスクが高まる理由

2019.04.23

男性更年期障害の予防には? 今年の長期休暇をどう乗り切る?

一般的に、ホルモン量は運動をすると分泌されるので、適度な運動が予防には効果的。また、気分が高まること、好きなこと、社会に関わることも男性ホルモンの分泌を促する。

今年の長期休暇は、過去最長の10連休になる方も多いだろうが、長期休暇だからと言って旅行や帰省、家族サービスばかりでなく、①ジョギングにチャレンジしてみたり、家族ではなく②パートナーとデートを設けたり、③趣味に没頭するなどをして過ごすことも大切。

また、過度の飲酒や、マラソンやトライアスロンなど身体を酷使する過度な運動は男性ホルモン値を下げてしまうので逆効果だ。

まずはAMSスコアでセルフチェック!

男性更年期障害の疑いがある場合、国際的に用いられているAMSスコアでまずはチェック。以下の各設問に当てはまる症状の程度についてそれぞれ、なし(1点)、軽い(2点)、中等度(3点)、重い(4点)、非常に重い(5点)でチェックし、点数を合計してみよう。

17~26点:男性更年期障害ではない/ 27~36点:軽度男性更年期障害の可能性
37~49点:中等度男性更年期障害の可能性/ 50点以上:重度男性更年期障害の可能性
27点以上の場合は、一度テストステロンを計測するなど、受診することをおすすめする。

■専門家のコメント

男性更年期専門外来担当医 辻村晃(つじむらあきら)
順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科教授

更年期障害といえば女性の悩み、とされたのはずいぶん前のこと。いまや「男性更年期障害」も少しずつ認知されつつあり、「自分もそうではないか?」と診察を求める人が増えてきました。

男性更年期障害の平均患者年齢は50代ですが、最近では30代で来院される方も増えています。親の介護や会社で中間管理職に昇進した、など現代ならではの社会問題に由来したストレスが増えたことも原因であると思います。

出典元:メンズヘルスクリニック東京

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。