人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.30

町工場みたいなホテル!?旋盤機、ガルバリウム鋼板、エキスバンドメタルが館内を飾る東京・蒲田の「ホテル オリエンタルエクスプレス」

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

町工場を体感できる注目ポイントの数々

 京浜急行「京急蒲田」駅東口から徒歩3分の場所に「ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田」が4月19日に開業した。

 蒲田は羽田空港から近く、増大する訪日旅行者にとっては便利な地域だが、品川や新宿を宿泊拠点にする訪日客が多く、いわば“素通り”されていたエリア。蒲田の魅力を発信し、地域特性を生かしたホテルを目指した今回のプロジェクトで浮上してきたのが、大田区に約3500あるという町工場。大田工業連合会青年部連絡協議会 委員長の関英一さんをはじめとした町工場の協力を得て、世界でも類を見ない町工場と共創した新しいホテルが誕生した。

「大田区や蒲田にある町工場の技術、製品などを掘り起こしてホテルと融合した。エキスパンドメタル、ガルバリウム鋼板など、ホテルの素材としてはあまり使われない工業製品、技術で作り上げたものを意匠として取り込み、蒲田を世界に発信していく。

 旋盤機をホテルのエントランス部分に置くなど、インダストリアルがホテルとして成立するのか当初は不安もあったが、できあがったフロアサインや展示物はデザインとしても秀逸であり、蒲田の魅力としてしっかりと伝えていきたい」(ホテルマネージメントジャパン プロジェクトリーダー 箕輪将臣さん)

〇旋盤機

 エントランスに鎮座しているのが蒲田の工場で使用されていた「旋盤機」。旋盤機とは被切削物を回転させ、固定されている工具で切削加工する機械。旋盤機はシャフトなど丸い棒状のものを作ることが多い。

「モーターの回転軸など大半の機械の中には回転する部品が必要で、そのような部品を作るのが旋盤。長年営んできたある町工場さんが会社を閉めることになり、機械を処分するということで見に行ったところ、昔ながらの“ベルトがけ旋盤”の名残がある機械だった。今はそれぞれの機械にモーターがあるが、昔は1台のモーターを回してベルトを這わせてそれぞれの機械を動かすタイプを使っており、私の祖父のころに使っていた時代の機械。処分するには惜しいと思っていたときに今回の話をいただき、入口に展示することになった」(関さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。