人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.24

企業がポストデジタル時代を生き抜くために不可欠な5つのテクノロジートレンド

世界的総合コンサルティング・アクセンチュアはこの程、世界のテクノロジートレンドに関する最新調査レポート「Accenture Technology Vision 2019(以下、テクノロジービジョン2019)」を発表。

同調査では、企業が「ポストデジタル」という新たな時代に突入し、顧客や従業員、ビジネスパートナーに対して、パーソナライズされたリアルな体験をもたらすことが可能な最新のテクノロジー群をいかに活用できるかがビジネス成功のカギを握ると予測されている。

「テクノロジービジョン2019」は、今後3年間でビジネスに大きな影響をもたらす重要なテクノロジーのトレンドを予測した年次調査レポートで、今年のテーマは「ポストデジタル時代の到来 – 次への備えはできているか(The Post-Digital Era is Upon Us – Are You Ready for What’s Next?)」。

企業は今、大きな転換期を迎えているが、デジタル技術をうまく活用することにより、かつてないほど顧客を深く理解することが可能になるほか、消費者との接点増加や新たなパートナーエコシステムの拡大が実現できるようになる。

しかし、デジタル技術自体はもはや差別化要因ではなく、ポストデジタル時代を生き抜く上で欠かせない「通行手形」のようなものと言えるだろう。

全世界6,600人以上の企業経営層やIT担当幹部を対象にアクセンチュアが実施した同調査によると、回答者の79%が「具体的にはソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウドなどのデジタル技術は、部門ごとの導入期を経て、今では自社の技術基盤を支える中核になっている」と答えている。

アクセンチュアの最高技術責任者(CTO)兼最高イノベーション責任者(CIO)であるポール・ドーアティ氏(Paul Daugherty)は次のように述べている。

「ポストデジタル時代の到来は、デジタル技術の終わりを意味するものではありません。むしろその逆であり、あらゆる企業がデジタル技術の特性を生かした取り組みを進める中、どうすれば他社より優位に立てるのかという新たな疑問を投げかけています。

このポストデジタル時代においては、単にデジタル化を進めるだけでは十分ではありません。アクセンチュアがまとめたテクノロジービジョン2019では、有力な最新テクノロジーをうまく活用してビジネスモデルを革新し、顧客体験をパーソナライズするための方法を紹介しています。

その一方で企業の経営層は、信頼や責任などに代表される人間的な価値観を重視することを一過性の取り組みとして捉えるのではなく、成功に欠かせない重要な要素であると認識する必要があります。」

「テクノロジービジョン 2019」では、急速に進化する今日の情勢の下でビジネスの成功に不可欠な5つの最新テクノロジートレンドが定義された。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。