人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

茶師、バタバタ茶、朝宮茶、お茶袋、覚えておきたい日本茶の最新トレンドキーワード4選

2019.05.28

お茶のことをもっと知りたい人はいないだろうか。今回は、お茶の知識が深まるかもしれない記事を4つ集めてみた。

最近よく聞く「茶師」「茶商」って何をする人?

【茶師】最近、目にすることが多くなった「茶師」「茶商」という言葉ですが、一体どんなことをする人なのか…皆さんは知っていますか?お茶の世界には、お茶を飲まずにどんな味なのか当てられる、そんな魔術師がいるんです…。ご自身が「茶師」でもあり、「茶商」でもある方にお話を伺ってみました。

【参考】https://dime.jp/genre/689106/

手をバタバタさせて飲む「バタバタ茶」って知ってる?

【バタバタ茶】バタバタバタバタバタバタ…という音が実際に聞こえるかどうかは別にしても、せわしく動かす手の様子を音に例えると「バタバタ」そのもの。そんな「バタバタ」という言葉がついた不思議なネーミングのお茶が富山県・朝日町にあります。その名もズバリ「バタバタ茶」全国的にも、ここでしか作られていないとても珍しいお茶です。

【参考】https://dime.jp/genre/685178/

飲んだことある?一般にはあまり出回らない「朝宮茶」ってどんなお茶?

【朝宮茶】皆さんは朝宮茶という名前のお茶を知っていますか?狭山茶や静岡茶、宇治茶などに比べると目にすることが少ないお茶かもしれません。朝宮茶は滋賀県の南部に位置する信楽町で作られるお茶。信楽は、あのたぬきの置物でも有名な土地です。そこで育ったお茶は独特の香りを放ち、お茶マニアが恋するお茶と呼ばれることも…。

【参考】https://dime.jp/genre/671366/

パッケージマニアが急増中!めくるめく「お茶袋」の魅力

【お茶袋の魅力】全国的におしゃれなお茶のお店が続々オープンし、誰かにプレゼントしたくなるスタイリッシュなお茶や茶器などが街中でもたくさん見受けられるようになったこの頃…。にわかに盛り上がりを見せているようにも感じるお茶の世界ですが、盛り上がっているのは、それだけではありません。お茶が入っている「袋」。この「お茶袋」がここ数年、進化を続けていることをご存じでしょうか?

【参考】https://dime.jp/genre/666427/

チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。