人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.05.08

駅ナカ、サウナ、ブロックチェーン特化型、多様化するシェアオフィスの活用法

都心を中心に急増するシェアオフィス。その活用法やそこで働く人々のライフスタイルを取材しました!

シェアオフィスの歩き方

ブロックチェーンに特化したビジネスハブが銀座のど真ん中にできた理由

都心の一等地である銀座に、ブロックチェーン企業専用のビジネスハブがある。2019年2月に「BINARYSTAR株式会社」(東京都中央区・代表取締役 池上雄飛)がオープンさせたもので、総面積は約1000平米を誇る。ブロックチェーン特化型のビジネスハブとしては日本最大級の規模を誇るという。

【参考】https://dime.jp/genre/693083/

駅ナカコワーキングボックス、サウナ、「どこでもオフィス」でテレワークは浸透するか?

【どこでもオフィス】働き方改革推進で、場所を問わずどこでも働ける「テレワーク」が広がる中、2019年には関連サービスや商品がさらに拡大しそうだ。カフェなどの共用スペースでも集中できる、仕事用のノイズキャンセリングヘッドホンがヒットの兆し。

【参考】https://dime.jp/genre/646677/

メンバーでなくても利用できるカフェもオープン!コミュニティ型シェアオフィスWeWorkの新オフィスが神宮前にオープン

8月、明治通りの渋谷〜原宿間にそびえるガラス張りのビルにWeWorkIceberg(アイスバーグ)が誕生した。 明治通り沿いに建つ7階建てのIceberg。WeWorkのメンバーは法人、個人を問わないが、3階から7階までは企業のオフィスが占めている。フリーランスや起業家などの個人には、いつも同じデスクを使える専用デスクプランと、共有スペースに席を確保できるホットデスクプランの2つがある。

【参考】https://dime.jp/genre/586251/

コワーキングオフィスで始める働き方改革!ビジネスチャンスを共有する働き方とは?

ニューヨーク発のコワーキングオフィスが東京にオープンしたのは今年2月。現在東京に4拠点を構える。その第1拠点、六本木のアークヒルズサウスタワーにある拠点 を訪ねた。

【参考】https://dime.jp/genre/557917/

嫌われるNG行動はこれ!覚えておきたいシェアオフィスやコワーキングスペースのマナー

各社でテレワークが進む中、都内を中心にシェアオフィスやコワーキングスペースの存在が目立ってきた。そんな中、今後、多くのビジネスパーソンが利用することも増えてくるだろうシェアオフィスについて、意外と知らないNG行動やマナーを紹介しよう。

【参考】https://dime.jp/genre/652176/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。