人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

広告なしで動画コンテンツが楽しめる「YouTube Premium」の認知率は65%、利用率は6.4%

2019.04.22

今や、私たちの生活に欠かせないものとなっている動画視聴サービス。様々なプラットフォーム・コンテンツがオンライン上に溢れ、視聴形態・頻度は共に十人十色だろうが、今回は動画広告のエンゲージメント率、「YouTube Premium」「月額制動画配信サービス」などをテーマにしたアンケート調査の結果を紹介していきたい。

なお本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしている。

エンゲージメント率が最も高いのは、「ペットや動物」動画視聴中の広告

動画コンテンツ視聴時に動画広告を見かけた人に対して、その動画広告が購買やクリックなどの行動、または興味喚起につながったか(エンゲージメント)について、動画コンテンツの種類別に尋ねる調査が行われたところ、最もエンゲージメント率が高かったのは「ペットや動物の動画」(37.6%)視聴中に流れた動画広告、次いで「ノウハウやハウツーの動画」(36.1%)、「YouTuberによる投稿動画」(35.1%)だった。

一方、最もエンゲージメント率が低かったのは「ゲームやアニメなどの実況・解説動画」(27.6%)で、「ペットや動物の動画」と比べると、10ポイント以上の差が開いた。

「YouTube Premium」を、6割以上が認知

YouTubeで普段、動画コンテンツを視聴している人のうち、広告なしでコンテンツを楽しめる有料サービス「YouTube Premium」を知っている人は65.0%、利用している人は6.4%という結果に。年代別に見てみると、認知率が最も高かったのは10代(78.7%)※、利用率が最も高かったのは20代だった(13.6%)。
※「現在利用している」「以前は利用していたが、今は利用していない」「知っているが、利用したことはない」の合計。

20代の3割以上が、「月額制動画配信サービス」を利用中

月額制動画配信サービスを「現在利用している」人は20.8%で、2018年3月度調査(18.7%)からやや利用率は増加した。年代別に見ると、10代(27.0%)、20代(32.0%)、30代(22.0%)、40代(16.0%)、50代(17.5%)、60代(13.5%)で、10代と20代の利用率が高いことが明らかに。

10代の半数以上が、SNSに動画投稿

週に1回以上、InstagramやTwitterなどのSNS※1で動画コンテンツを視聴する人のうち、SNSに動画投稿もする※2人の割合は31.8%と、2018年3月度調査(29.4%)から増加している。特に10代は52.1%と半数以上がSNSに動画投稿しており、2018年3月度調査(45.1%)から7ポイント増加した。
※1 「LINE」「Facebook」「Instagram」「Twitter」「MixChannel」「Snapchat」「TikTok」「そのほかのSNS」が対象。 ※2 動画コンテンツを「よく投稿する」「ときどき投稿する」の合計。

出典元:株式会社ジャストシステム

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。