人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.24

各地で開催される祝賀イベントは必見!一度は行きたい台湾・台北のランタン祭り

台湾のランタン祭りというと、「台湾ランタンフェスティバル」や「台北ランタンフェスティバル」が有名ですが、夜空に願い事を書いたランタンを飛ばす「平渓天燈祭」なども開催されています。

ここでは、一年に一度だけ幻想的な景色を味わえる台湾のランタン祭りを紹介します。

スケールが大きい台湾・台北のランタン祭り

2019年の「台湾ランタンフェスティバル」では、ドローンによる空中ライティングショーが行われたり、「台北ランタンフェスティバル」では、海外からの作品が数多く展示されたりと、年々規模が大きくなっている台湾と台北のランタン祭りをご紹介します。

2019年の台湾ランタンフェスティバル

写真提供:台湾観光局

元々は「台北ランタンフェスティバル」として1990年に開催されて以来、毎年元宵節に行われているお祭りで、2019年の開催で第30回目を迎えました。

2007年には、アメリカ・ディスカバリー・チャンネルのディレクターが台湾を訪れた際に、元宵節イベントに参加し、番組内では、「台湾ランタンフェスティバルは世界水準に達している」「世界でもっとも素晴らしい祭典の一つ」と評価され、1時間の関連番組が全世界で放映されました。

2019年には大鵬湾・屏東・東港の3つのエリアで開催されるなど、年を追うごとに大規模なお祭りへと発展しています。

写真提供:台湾観光局

【参考】台湾観光局公式HP

台湾のランタンフェスティバルの日程 2019-2021

2019年の台湾フェスティバルは屏東県で2月19日〜3月3日に開催され、2020年は台中市にて2月8日〜2月23日の15日間、2021年は新竹市で2月8日〜3月7日まで開催される予定が決まっています。

毎年違う場所で開催されるので、その年によって様々なイベントが、会場の風土や伝統を重視しつつ開催されています。

ランタンフェスティバルツアー台湾行きを予約する時の注意点

各社、台湾ランタンフェスティバルツアーを実施していますが、台湾ランタンフェスティバルは、「台北」で行われているランタンフェスティバルとは違い、台湾の旧正月に十分平渓で行われる「平渓天燈祭」といわれる天燈上げ(ランタン飛ばし)とも違いますのでご注意ください。

開催場所や日程を確認して予約することをおすすめします。

海外からも注目される台北のランタンフェスティバル

写真提供:2019台北ランタンフェスティバル

2019年2月16日〜2月24日に行われた新春恒例の行事「台北フェスティバル」は、干支(イノシシ年は台湾や中国、香港、韓国ではブタ年)をイメージしたキャラクターがメインランタンとして飾られました。

2019年の台北ランタンフェスティバルは会場を例年より拡大し、小学生から大学生、学校関係者の方々の創作ランタンが飾られたり、期間限定の夜一が開催されたり、海外からの作品が展示されるなど、様々なイベントで盛り上がりをみせました。

写真提供:2019台北ランタンフェスティバル

2019年の台北ランタンフェスティバルに出演している日本作品

写真提供:2019台北ランタンフェスティバル

海外メディアで「世界五大ストリートアート」に入ると取り上げられた「夢を見る落書屋のアトリエ」では、「ハナウタ」で有名なカツマタ・ヒデユキさんが参加し、極彩色で描く「和」のグラフィティアートを披露しています。

写真提供:2019台北ランタンフェスティバル

1980年(昭和55年)1月に重要無形民俗文化財に指定された、青森県弘前市の「弘前ねぷたまつり」の三国志や水滸伝などの武者の絵を題材とした、扇ねぷたの山車も参加しました。

写真提供:2019台北ランタンフェスティバル

愛媛県松山市の伝統文化、2つの御輿をぶつけ合う「鉢合わせ」が行われる大御輿総練と野球拳をイメージした灯籠が展示されました。

また、東京ディズニーリゾート35周年記念の特別企画として、台北フェスティバルに参加するなど、日本と台北の友好親善と相互理解を推進しています。

【参考】2019台北ランタンフェスティバル公式HP

台湾で年に1度願いを込めた1000個以上のランタンを飛ばす平渓天燈祭

写真提供:台湾観光局

新北市平渓郷十分で旧正月の15日(元宵節)に毎年行われている平渓天燈祭。元々は開拓者が互いの無事を伝え合うために灯籠を空に飛ばしていたそうですが、今では大きな観光イベントに発展しています。

1回あたり200基ほどの天燈を一斉に打ち上げ、ランタンが夜空を彩ります。ランタン飛ばしに参加するには、お祭り当日の朝に配られる整理券が必要ですが、見るだけなら自由に参加可能です。

旧暦に合わせてお祭りの日程が毎年変わるのでご注意ください。2019年は2月19日の平渓郷の十分広場にて開催されました。

ランタン上げは一年に一度しかできないわけではない

写真提供:台湾観光局

夜空に一斉に飛ばす平渓天燈祭は1年に1度ですが、個人で単発にランタン上げ(天燈上げ)をすることはできます。平渓線沿いのお土産店等でランタンが販売されていますので、購入すると線路の上に立ってランタンを飛ばすことが可能です。

ランタンの色によって込められる願いが違う

飛ばすランタンの色によって込められる願いが変わるのでご紹介します。

○赤色:健康運 ○黄色:金運 ○藍色:事業運 ○紫色:学業運

○白色:明光運 ○橙色:愛情運 ○緑色:順調運 ○桜色:幸福運

となっています。自分の願いに合った色のランタンを探してみてください。

台湾・台北のランタンフェスティバルやランタン飛ばしをご紹介しましたが、毎年開催日程が違ったり、開催場所が変わる場合もあるので、事前の確認をしてからツアーの予約や旅行の計画を練ることをおすすめします。

文/Sora

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。