人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これは便利!赤ちゃんの泣き声を検知しておやすみ音を自動再生するパナソニックのベビーモニター「KX-HC705」

2019.04.18

パナソニックは、寝室などにいる赤ちゃんの様子をモニター機で見守りできるベビーモニターKX-HC705を5月23日より発売する。

KX-HC705は寝室などにいる赤ちゃんの様子を別室からモニター機で見守ることができるカメラ。部屋が暗くなると自動的に赤外線LEDを点灯させるナイトモードを搭載しているので、暗い部屋にいるお休み中の赤ちゃんを見守ることができる。

モニター機とカメラは、デジタルコードレス電話機などの標準規格であるDECT準拠方式で接続。無線LANなどの他機器との電波干渉による通信障害が少なく、安定した通信が可能だ。

カメラとモニター機間の接続設定が不要で、それぞれの電源を入れるだけですぐに使用開始。さらにモニター機は充電式で、持ち運びが可能なので、電源が近くにない部屋で家事をする時にも見守りできる。

また、胎内音、心音、ホワイトノイズ、波の音、雨音の5種類のおやすみ音と子守歌を搭載。モニター機から手動で再生・停止できるほか、設定により音声を検知したときに自動再生することも可能。たとえば寝室で眠っていた赤ちゃんが起きて泣きだした時に、自動でおやすみ音をカメラから流すことができる。

さらにカメラには音、動作、温度の3種類のセンサーを搭載。センサーが反応すると、モニター機のLEDの点灯やお知らせ音が鳴るので、常にモニター機を見ていなくても寝室などにいる赤ちゃんの様子の変化に気付くことができる。

たとえばリビングやキッチンで家事をしながらでも寝室などで眠っている赤ちゃんの様子に変化があるとすぐにモニター機で確認することが可能だ。

カメラを置いている部屋の室温が、設定した温度範囲を超えた場合も同様に知らせることができるので部屋の室温を調整する目安にも使える。

関連情報:https://panasonic.jp/

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。