人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブームの予感!自宅でもみんなと一緒にトレーニングできる「おうちエクササイズ」

2019.04.21

従来のフィットネスマシーンと比較して何が違うのか?

エアロバイクをはじめ、自宅用のフィットネスマシーンは昔から日本にも存在していました。それらと比較して、今アメリカで話題の「おうちエクササイズマシン」は何が違うのでしょうか?

(1)レッスンメニューが豊富で飽きない

1つは、レッスンメニューが実に多様であることです。昔ながらのエアロバイクにはスクリーンはついていなく、ひたすらバイクを漕ぐだけの運動なので、直ぐに飽きてしまっていました。

しかし、今の「おうちエクササイズマシン」は何十種類ものレッスン動画が配信されているだけでなく、ライブ動画も流れるため、飽き性の人も続けることができるのです。

(2)孤独を感じることがない

1人で運動をしていて最も辛いこと。それは孤独を感じることです。

励ましてくれる人も叱咤してくれる人もいない自宅で1人でトレーニングをしていると、サボりがちになるし、継続するモチベーションも薄れてきます。

しかし、今の「おうちエクササイズマシン」は他のユーザーと繋がり、競い合うことができるため、孤独を感じることがありません。

例えばペロトンのライブレッスンでは、参加者全員の出力強度(ペダルの速度等から算出)がスクリーンに表示されます。参加者全体のうち自分がどれくらいの成績かが分かるため、他の参加者に負けないようにもっと強く、早くペダルを踏みこもうという気持ちにさせてくれます。家で1人で運動しながらも、仲間と繋がっている感じを得られるのです。

「おうちエクササイズ」は誰に人気なのか?

仕事が忙しいため、ジムに行く時間がなかなか取れないサラリーマンなどにも人気なのは間違いありません。彼らに加え、「ママになったミレニアル世代」にも人気なのではと私は考えます。

暗闇エクササイズ「Soul Cycle(リンク挿入)」をはじめとして、フィットネス市場に新たなムーブメントを起こしてきたミレニアル世代。自分の趣味に打ち込む生活を謳歌してきたミレニアル世代(20歳~36歳)が、近年では結婚をしてママになってきています。

家族のために全ての時間を費やしているママに、ゆっくり外出し、好きなことをしている時間はほぼありません。

そんな忙しい日々を過ごすママにとって、子供が寝て、旦那が帰宅するまでの空いた隙間時間にする「おうちエクササイズ」は、貴重なリフレッシュタイムになるのです。(ちなみに妊娠中や産後にピッタリなエクササイズを組み込んだレッスンも登場してきています。)

また、1日家で育児をしているママにとって、どんな形であれ社会と繋がれるというのは嬉しいものです。マシンに内蔵されたマイクでトレーナーとコミュニケーションを取ったり、ユーザーとオンライン上で競い合ったりすることで、家にいながら社会との繋がりを持つことができる現代の「おうちエクササイズ」は、その点でミレニアル世代のママの心を捉えたのではないでしょうか。

文/小松佐保(Foody Style代表)
一橋大学経済学部卒業。日本&シンガポールのブランドコンサルに勤務した後、食領域に特化したマーケティングコンサルとして独立し、アメリカ・ボストンへ。
会社員時代に生活習慣の乱れが原因で体調を崩したこと、ボストニアンの心身共にヘルシーなライフスタイルに感化されたことで、「食×健康」に関心を抱くように。
現在は、ニューヨークの世界最大の栄養学校Institute for Integrative Nutritionでホリスティックヘルスを学びながら、食生活やライフスタイルを改善するための情報発信やイベント開催などを行っている。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。