人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.04.21

人生100年時代をどう生きる?初心者におすすめの株式投資はこれだ!

英国の研究者が発表した書籍が契機となり、「人生100年時代」が大いに話題となった。日本政府も平成29年から「人生100年時代構想」を掲げ、先の時代を見据えた経済社会の在り方を検討している。

医療の発達や衛生環境の進歩で、現実味を帯び始めた100年間の人生。なんと言っても気になるのは、リタイア後の生活費ではないだろうか? 高齢化社会へと加速する日本にあっては、この先、生活するに十分な年金支給など期待できるはずもない。今あるものを活用して、どう人生100年時代を生き抜くか? 初心者でも始めやすい投資方法を検証してみよう。

初心者でも手軽に始められる投資には、どのような種類があるのか?

投資というと真っ先に頭に浮かぶのは、おそらく株取引だろう。解説書も多く、情報量が多いので初心者でも始めやすい。しかし、株価は相場で上下する。投資金額を抑え、長期運用を心がけるなど、リスクヘッジは十分考えた上で行いたい。

配当にも期待できる株は、初心者向きの投資

企業が発行する株を購入して株主となる株取引には、利潤の一部が配当される「インカムゲイン」というメリットがある。もちろん利潤が出ていなければ配当されないが、株数が減ることなく還元があるのだからこれは魅力だ。

これに対して、株を売買することによって得られる利益を「キャピタルゲイン」と呼ぶ。株が買った時よりも値を上げていれば、その差額が売却益(キャピタルゲイン)となり、一般的にインカムゲインより大きな利益が期待できる。その代わり、値を下げていれば、それは損失となる。株主となった企業の業績には、常に注意を払わねばならない。

これも投資初心者にはおすすめ! 株主優待を活用する

インカムゲインとキャピタルゲインのほかにも、株ならではのメリットとして挙げられるのが「株主優待」だ。すべての企業が実施しているわけではないが、持っている株数に応じた優待が受けられる。たとえば航空会社であれば、航空料金の割引。飲食業であれば、年間数万円の食事券が送られるという具合だ。気に入った企業の株を購入するときは、会社四季報などで株主優待の内容を調べてみると良い。

【参考】「初心者でも始めやすい株主優待と人気の銘柄はコレ!」

手軽に始められるが初心者には不向き? FX投資

株と同じように、手軽に始められる投資として人気なのが、FX(Foreign Exchange)だ。日本語では外国為替取引という。日本円を外貨(外国の通貨)と、もしくは外貨と外貨を買い換えて、その価格変動で利益を生む投資だ。

一番のメリットは少額の資金で始められるところだが、やり方によってはそれがリスクにもなる。FXで失敗する人の多くは、「レバレッジ」と言うシステムを使って巨額の損失を出してしまうのだ。

レバレッジとは、手元の資金の最大25倍(国内のレバレッジ規制)で運用できるシステムのことで、たとえばFX口座に10万円の証拠金を入金すれば、最大で250万円相当の投資額を外国為替に充当できる。大きく儲けられる反面、失敗すると多額のお金を損する仕組みなのだ。

結論として、初心者におすすめできる投資はどれなのか?

初心者におすすめする投資の条件は、第一に低リスクであること。手軽に始められてリスクも低い。そんないいとこ取りの投資はあるのだろうか?

初心者であれば、やはり少額の投資から始めたい

投資に不慣れな初心者は、貯金を全額つぎ込むような無茶なことはするべきではない。練習も兼ねて少額から始められる投資が一番だ。FXは少額から始められるが、前述のようなリスクも潜む。

株主優待は期待できず、リターンもそれなりだが「ミニ株」「単元未満株」「るいとう(株式累積投資)」といった、少額で始められる株式投資をおすすめしたい。

【参考】「これから投資を始める初心者におすすめの投資ジャンルは?」

ローリスク・ローリターン! それが初心者向け投資の鉄則

前述の「ミニ株」「単元未満株」「株式累積投資(るいとう)」は、ローリスク(リスクが低い)な分、ローリターン(見返りが少ない)だ。しかし、ミニ株なら通常の株式の10分の1の金額で購入でき、るいとうなら月1万円から株式を購入ができる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。