人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本はやっぱりTwitter大国!米Twitter社の売上全体の15%を占める

2019.04.17

Twitterは2月7日、2018年第4四半期の決算を発表した。収益は予想を上回ったが、月間アクティブユーザー数(以下、MAU)は3期連続で減少して3億2100万人となった。

今回のeMarketer Analyst Insightでは、プリンシパルアナリストのDebra Aho Williamson氏とシニアアナリストのJasmine Enberg氏が、決算報告の4つの要点を広告主向けに説明している。

全世界で毎日1億2600万人がTwitterを利用

今回の決算発表で、Twitterは初めてデイリーアクティブユーザー数(以下、DAU)を公表した。全世界平均のマネタイズ(ネットの無料サービスから収益を得ること)可能なDAU(以下、mDAU)は前期比9%増の1億2600万人に達した。

この数字は、広告を表示可能なTwitterのアプリケーションから1日に1回以上アカウントにログインするユーザー数を表している。

Twitterの最高財務責任者(CFO)を務めるNed Segal氏は決算発表の電話会見で、目的は「DAUの最大値」を示すことではなく、むしろ広告を見てくれるユーザーの数を示すことだと述べた。

つまり、広告主とより関係の深い数字と見なされており、同時に、TwitterのDAUはFacebook、Snapchatなどのソーシャルプラットフォームと比較できない可能性があることも意味している。2018年第4四半期、Twitterの全世界のmDAUはMAUのわずか39%だった。

Twitterはさらに、今後はMAUを公表しないと述べた。ここ数四半期、MAUは減少し続けている。第4四半期のMAUは、前期比500万人減、2017年同期比900万人減の3億2100万人だった。TwitterはMAUの減少について、問題のあるアカウントを削除し、「サービスの健全性」を向上させる取り組みの影響だと説明している。

eMarketerの推計では、2018年のMAUは全世界で2億7400万人だった。ユーザーが減少すると見ているわけではない。eMarketerの数字は、フェイクアカウント、人間以外のアカウントだけでなく、重複アカウントや企業アカウントも除外しているためだ。

MAUの減少、そしてTwitterのMAUの公表をやめるという決定は、ウォール街を不安にさせたが、ユーザー基盤を拡大することなく売り上げを増やしたのは明るい兆しだ。

Twitterは今も、ダイレクトレスポンス広告から収入を得ることに苦戦

2018年、Twitterの全世界の広告収益は前年比24%増の26億2000万ドル(約2937億9000万円)に達した。米国における収益は13億5000万ドル(約1513億8000万円)で、全体の51.5%を占める。

過去数四半期と同様、最も急成長を遂げた広告フォーマットは動画で、2018年の広告収益の半分以上を占めていた。eMarketerの予測では、米国における広告収益の55%が動画広告によるものだった。この割合はFacebookより高く、Snapchatより低い。

Facebookは長年、ダイレクトレスポンス広告から大きな収入を得ており、Snapchatは2018年、ダイレクトレスポンス広告へのシフトを成功させた。一方、Twitterはいまだ解決策を見いだしていない。

決算発表で言及のあった新しい広告製品が助けになるかもしれない。Segal氏は、Twitterにとって、モバイルアプリダウンロード広告は「素晴らしいビジネス」だと述べ、広告主へ新たな広告製品の提供をほのめかした。

mDAUの伸びは米国内より国外の方が堅調

中核市場である米国のmDAUは前年同期比5%増の平均2700万人だった。米国外はさらに堅調で、前年同期の8900万人から11%増加し、9900万人に達した。

ただし、MAUは米国内外で同じように減少している。第4四半期の決算報告書によれば、MAUはいずれも3%減少し、米国は6600万人、米国外は2億5500万人だった。

mDAUの成長は、Twitterにとって2番目に大きい市場である日本が大きく貢献している可能性が高い。eMarketerの予測によると、日本では2019年、1カ月に1回以上Twitterを利用する人が3630万人に達する見込みだ。

これは米国(5570万人)の次に大きい数字だ。Twitterは日本について、第4四半期の売り上げに大きく寄与したと述べており、同四半期には日本における売り上げが全体の15%を占めた。

エンゲージメントを高めるため、さらなるチャット機能をテストする可能性も

Twitterにとって、エンゲージメントを向上させるうえで最大の課題は、サービスをより使いやすくすることだ。これは新しい課題ではない。最高経営責任者(CEO)のJack Dorsey氏が決算発表で述べたように、「Twitter上で会話するのはかなり難しい」が、これは同氏が繰り返し発言してきたことだ。同氏は、会話がスピーディに進み、関心を追うことがユーザー体験の中心となるような新機能についてほのめかした。ただし、このソーシャルプラットフォームがそういった目標を達成できるかどうかはまだわからない。

Twitterはさらに、投資家に宛てた書簡で、「Twitterをチャットのような感覚に近づける変更」を実験中だと述べている。もし聞き覚えがあるとしたら、それはFacebookもアプリのメッセージング機能を強化する計画を発表したためだ。Twitterがメッセージングサービスとして認識されたことはないため、無理をしているように思える。

出典元:eMarketer、株式会社サイバー・コミュニケーションズ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。